アニメ紙芝居  アニメ 紙芝居 福娘童話集
福娘童話集の朗読
お話し きかせてね

声優、アナウンサーが、
福娘童話集を朗読
広 告
 


福娘童話集 > アニメかみしばい ニワトリのおなら

ニワトリのおなら


制作 Smile STATION

ニワトリのおなら

おりがみをつくろう ( おりがみくらぶ より)
ニワトリの折り紙にわとり   狐の折り紙きつね

 むかしむかし、ある家に、一羽のニワトリがいました。
 ある日のこと。
 ニワトリが庭の木にとまってないていると、その下をキツネが一ぴき通りました。
 キツネはニワトリを見ると、何とか取って食いたいと思い、
「ニワトリさん、とてもいい声ですね。でも、もっと下で鳴けば、もっといい声が出ますよ」
 キツネの言葉に、ニワトリは下の枝に飛び移ってなきました。
 するとキツネは、
「ニワトリさん、前よりもずいぶんいい声になりました。でも、もう一つ下がらないと」
 ニワトリはよろこんで、もう一つ下の枝にとまってなきました。
 ところが、そこはキツネの頭のすぐ上だったので、ニワトリはたちまちキツネにつかまってしまいました。
「ヒッヒヒヒ。バカなニワトリさん。では、いただきまーす」
 大きな口をあけるキツネに、ニワトリはあわてていいました。
「まっ、待ってください、キツネさん。じつは、おらの家でも、今夜おらを食うといっていたから、おら、たたかう武器として、針を一本ぬすんでおいたんだ。しっぽのところに隠してあるから、おらを食うんだったら、その針をぬいてからのほうがいいよ」
「そうか、それはごしんせつに」
 キツネはさっそく、しっぽのまわりをさがしてみました。
 すると、ニワトリはキツネの顔めがけて、「ブッ!」と、おならをあびせました。
「わあっ!」
 キツネがビックリして手をはなしたすきに、ニワトリは木の上に逃げてしまいました。

おしまい

前のページへ戻る


アニメかみしばい


イソップ童話

日本昔話

世界昔話

日本文学

その他


福娘の姉妹サイト

http://hukumusume.com

366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
日本や世界の昔話を掲載
朗読やぬりえなど
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診