アニメ紙芝居  アニメ 紙芝居 福娘童話集
 


福娘童話集 > 絵本紙芝居(アニメかみしばい) 水アメの毒

水アメの毒



水アメの毒
一休さんのとんち話 → 一休さんについて

イラスト版 えほん版

 むかしむかし、一休さん(いっきゅうさん)と言う、とんちで評判の小僧さんがいました。

 ある日の事。
 和尚(おしょう)さんが、村人に水アメをもらいました。
 それを欲しそうな目で見ていた一休さんに、和尚さんが怖い顔で言いました。
「一休よ。これはな、大人が食べると薬じゃが、子どもが食べるとたちまち死んでしまうと言う、恐ろしい毒の水アメじゃ。決して食べてはいかんぞ」
 すると一休さんは、ニッコリ笑って、
「はい、絶対に食べません」
と、言いました。
「そうか、そうか」
 和尚さんはそれを聞いて、安心して用事に出かけました。

 和尚さんがいなくなった事を知った一休さんは、
「えっへへへ。
 子どもが食べると毒だなんて、よく言うよ。
 水アメを一人占めしようだなんて、そうはいかないよ」
と、さっそく他の小僧さんと水アメを分けあって、全て食べてしまったのです。
「ああ、おいしかった」
「でも一休。こんな事をして、和尚さんに叱られないか?」
 心配する他の小僧さんに、一休さんはニッコリ笑うと。
「大丈夫、大丈夫。一休に、良い考えがあります。実はですね・・・」

 さて、それからしばらくして、和尚さんが用事をすませて帰って来るのが見えました。
 すると一休さんは和尚さんの大切にしていた茶碗(ちゃわん)を持ち出して、それを庭の石に ガシャン! 
と、ぶつけて割ってしまいました。
 そして目元をつばでぬらすと、みんなで泣き真似をしました。
「えーん、えーん」
 帰って来た和尚さんは、みんなが泣いているのでビックリ。
「こりゃ、何を泣いておるのじゃ? 一休、これはどうした事だ?」
 すると一休さんが、泣きながら言いました。
「えーん、えーん。
 和尚さんの・・・。
 和尚さんの大切な茶碗を、割ってしまいました。
 おわびに毒の水アメをなめて死のうと思いましたが、全部なめても死ねません。
 えーん、えーん」
 それを聞いた和尚さんは、頭をポリポリかきながら、
「こりゃ、してやられたわ」
と、言い、それからは村人にもらったおかしは、みんなで分ける事にしたのです。

おしまい

前のページへ戻る

福娘の姉妹サイト

http://hukumusume.com

366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
日本や世界の昔話を掲載
朗読やぬりえなど
女の子応援サイト さくら
誕生日占い・女の子のお仕事など
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診