アニメ紙芝居  アニメ 紙芝居 福娘童話集
 

福娘童話集 > 絵本紙芝居(アニメかみしばい) きんぴかのやかん

きんぴかのやかん
アニメサイズ Max 1440×1080 youtubeの設定で変更可能



きんぴかのやかん
日本の昔話

イラスト版  えほん版

 むかしむかし、あるお寺の床下に、タヌキが住んでいました。
 このタヌキは頭の毛がうすい事から『はげダヌキ』と呼ばれていたのですが、何とこのはげダヌキは人助けが大好きなのです。

 ある年の暮れの事、はげダヌキがお寺の近くのとうふ屋へ油揚げをもらいに行くと、とうふ屋の主人がため息をついていました。
「困ったな。こうもお金がなくては、とうふをつくる豆も買えない」
 これを聞いたはげダヌキは、とうふ屋の主人に言いました。
「心配せずとも大丈夫。いつもおいしい油揚げをいただいている恩返しに、おいらが何とかしましょう」
 そしてはげダヌキは、きんぴかのやかんに化けて自分を売るように言ったのです。
 やかんは間もなく、通りかかった金持ちの旦那に買い取られました。
「これは良い買い物をした。全く素晴らしいやかんだ。もっとみがけば、もっと光るかもしれんぞ」
 だんなはさっそく、やかんをみがき始めました。
 やかんに化けていたはげダヌキは、くすぐったいやら痛いやら。
 でも、ばれてはいけないので、じっと我慢していると、みがかれすぎて、ただでさえうすい頭の毛をツルツルにされてしまいました。
(ああっ、大切な頭の毛が・・・)
 これ以上みがかれてはたまらないので、はげダヌキは旦那が手を離したすきに逃げ出して、お寺の床下に隠れました。
「ああ、こんなツルツル頭では、恥ずかしくてどこにも行けないや。でも、とうふ屋に恩返しが出来て良かった、良かった」
 それからもはげダヌキは人助けを続けて、人々に大切にされたと言う事です。

おしまい

前のページへ戻る

福娘の姉妹サイト

http://hukumusume.com

366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
日本や世界の昔話を掲載
朗読やぬりえなど
女の子応援サイト さくら
誕生日占い・女の子のお仕事など
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診