アニメ紙芝居  アニメ 紙芝居 福娘童話集
 


福娘童話集 > 絵本紙芝居(アニメかみしばい) けものの皮は叩かれる

けものの皮は叩かれる



けものの皮は叩かれる
一休さんのとんち話 → 一休さんについて

イラスト版  えほん版

 むかしむかし、一休さん(いっきゅうさん)と言う、とんちで評判の小僧さんがいました。

 お寺の檀家(だんか)に、碁(ご)が大好きなご隠居(いんきょ)がいるのですが、近頃そのご隠居が毎晩お寺にやって来て、和尚(おしょう)さんと夜遅くまで碁をうっていました。
 朝の早い小僧たちは、ねむくてかないません。
「何とかして、ご隠居が来ない様にしないと」
 一休さんは色々と考えましたが、下手ないたずらをすると和尚さんにしかられるので、なかなかよい方法が浮かびません。

 さて、この頃はとても寒いせいか、ご隠居は、けものの皮で出来たそでなしをはおっています。
 それを見た一休さんに、ある名案が浮かびました。
(そうだ、いい事がある)

 次の日、一休さんはお寺の門に、こんな張り紙をしました。
《けものの皮は、入るべからず》
 ご隠居は、この張り紙を見て、
「なに?
 けものの皮は、入るべからずだと。
 けものの皮とは、わしの事か。
 ・・・ははーん、これは一休のやつが、碁のじゃまをするつもりで書いたのだな。
 ・・・さて、どうするか?」
 しばらく考えたご隠居は、すぐに平気な顔で門をくぐりました。
 すると一休さんが、
「ご隠居さま。
 門の張り紙が、よめないのですか?
 動物を殺してつくるけものの皮は、お断りします。
 どうか、お帰りください」
と、通せんぼをしました。
 すると、ご隠居が言いました。
「確かに、この服は動物を殺したけものの皮でつくった物だ。
 しかし、このお寺には、けものの皮をはった、たいこが置いてあるではないか。
 たいこが良いのなら、わしもよいであろう。
 どうだ」
 ご隠居は一休さんをやり込めたつもりでしたが、一休さんの方が一枚上手です。
「その通り。
 しかしお寺のたいこは、罪(つみ)つぐないに、毎日ばちでドンドン叩かれています。
 ですからご隠居さまも、同じ様に叩かねばなりません。
 それっ!」
 一休さんは、ご隠居にたいこのバチを振り上げました。
「わっ、わかった! わしの負けじゃ!」
 ご隠居は頭を抱えると、あわてて家へと逃げ帰りました。

おしまい

前のページへ戻る

福娘の姉妹サイト

http://hukumusume.com

366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
日本や世界の昔話を掲載
朗読やぬりえなど
女の子応援サイト さくら
誕生日占い・女の子のお仕事など
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診