アニメ紙芝居  アニメ 紙芝居 福娘童話集
 

福娘童話集 > 絵本紙芝居(アニメかみしばい) 朝顔(あさがお)

朝顔(あさがお)
アニメサイズ Max 1440×1080 youtubeの設定で変更可能



朝顔(あさがお)
東京都の民話東京都情報

イラスト版  えほん版

おりがみをつくろう ( おりがみくらぶ より)
朝顔の折り紙あさがお

 むかしむかし、江戸(えど→東京都)に、岡田弥八郎(おかだやはちろう)という(さむらい)が住んでいました。
 弥八郎(やはちろう)には、ただ一人の娘がいて、その名をしずと言います。
 しずは朝顔の花が大好きで、十四才の時に朝顔のつぼみを見つけて、こんな歌をつくりました。

♪いかならん
♪色に咲くかと
♪あくる夜を
♪まつのとぼその
♪朝顔の花

 父はこの歌をたんざくに書いて、妻に見せました。
「あの小さな胸に、どんな色に花が咲くであろうと、次の朝を待つ心じゃ」
「はい、まこと素直に、うたわれております」
 ところが娘のしずは、この年の冬にかぜをこじらせて、そのまま死んでしまったのです。
 残された父と母は、とても悲しみました。

 さて、夏も近いある日の事。
 母が何げなく娘の手箱(てばこ→小物入れ)を開けてみると、中には小さな紙包みがいくつも入っていました。
 そしてどの包みにも細いきれいな字で、桃色、空色、しぼり(→青色の一種)、などと、色の名が書きしるされていました。
 一色ずつ紙にていねいに包んだ、その色の朝顔のタネです。
(ああ、娘はこのタネをまいて、それぞれの色の美しい花の咲くのを、どれほど見たかった事でしょう)
 そう思うと母はたまらなく、せつなくなりました。
「そうだわ。せめてこのタネをまいて、娘をとむらいましょう」
 母は庭に、その朝顔のタネをまきました。
 日がたってつるがのび、やがてつぼみがつきました。

 ある夏の朝、弥八郎(やはちろう)を仕事に送り出した母は、ふと庭の朝顔を見ました。
 すると美しい一輪の花がパッと咲いていて、その花のそばに娘のしずが立っているではありませんか。
「おおっ。しず、しずかい?」
 母が思わず声をかけると、娘はうれしそうにニッコリほほ笑み、そして小さな声で、
「お花を、ありがとう」
と、言って、そのままスーッと消えてしまいました。

 夕方になって父の弥八郎(やはちろう)が帰って来た時、夕方にはしぼむはずの朝顔は、まだ美しい色で咲いていたという事です。

おしまい

イラストレーターの夢宮 愛さんが、朝顔のその後のお話しを描いています。
お気軽に、お立ち寄りください。

→ おまけのその後の朝顔

前のページへ戻る

福娘の姉妹サイト

http://hukumusume.com

366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
日本や世界の昔話を掲載
朗読やぬりえなど
女の子応援サイト さくら
誕生日占い・女の子のお仕事など
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診