アニメ紙芝居  アニメ 紙芝居 福娘童話集
 


福娘童話集 > アニメかみしばい プリンの塩加減

プリンのしおかげん




アメリカの昔話 → アメリカのせつめい

 むかしむかし、アメリカの田舎町に、プリン作りの上手なシンプソンおばさんがいました。

 ある日、シンプソンおばさんはパーティーを開いて、みんなにとびきりおいしいプリンをごちそうする事にしました。
 シンプソンおばさんは火をおこすと、プリンをコンロにかけました。
「後は、焼き上がるのを待つだけね。・・・そうそう。お客さまがみえるのだから、この間にお掃除をしましょう」
 シンプソンおばさんは、窓をふいたり床をはいたりと大いそがしです。
 しばらくしてシンプソンおばさんは、ある事を思い出しました。
「いけない。プリン作りに大事な塩を入れ忘れたわ!」
シンプソンおばさんのプリンがおいしい秘密は、ほんのちょっぴり隠し味として入れる塩です。
 あまいプリンに、塩を入れるの?
と、思うかもしれませんが、これがないとプリンがおいしく出来ません。
 シンプソンおばさんはプリンに塩を入れようとして、自分の手が汚れているのに気づきました。
「あら、お掃除で手がまっ黒ね。・・・そうだ、長女のスウに頼みましょう」
 シンプソンおばさんには、三人の娘がいました。
 一番上が、「スウ」
 二番目が、「セイリイ」
 三番目が、「リル」です。
 シンプソンおばさんは、自分の部屋にいるスウに頼みます。
「スウ。プリンに塩を入れておくれ。わたしの手は、まっ黒だから」
「だめよ、お母さん。あたし、パーティーで着る服をぬっているの」
「そう。・・・じゃあセイリイ、お願いだからプリンに塩を入れて」
「だめ。リルにさせてよ。あたし今、パーティーにはくクツにあぶらをぬっているんだから」
「そう。・・・じゃあリル、お願いだからプリンに塩を入れてね」
「あたしもだめ。今、お気に入りのリボンを探しているの。パーティーにはあのリボンをつけると、前から決めているの」
 みんなにことわられて、シンプソンおばさんはがっかりです。
「やれやれ。自分で入れるしかないのね」
 シンプソンおばさんは手を洗うと、自分でプリンに塩を入れました。

 さて、プリンに塩を入れたシンプソンおばさんが掃除に戻ると、リボンが見つかったリルが台所にやって来て、プリンに一つまみの塩を入れました。
 リルが出て行ったあと、クツにあぶらをぬり終わったセイリイが台所にやって来て、プリンに一つまみの塩を入れました。
 服をぬいあげたスウも台所にやって来て、プリンに一つまみの塩を入れました。
 こうしてシンプソンおばさんのプリンは、とても塩からくなってしまいました。

 その夜、パーティーに集まったお客さんたちに、シンプソンおばさんは切り分けたプリンを配りました。
「さあ、お待ちどおさま。まずは、神父さんからどうぞ」
「はい、ありがとうございます。こんなにおいしいプリンが食べられるのは、神さまのおかげです」
  神父さんは口を大きく開けると、パクリとプリンを食べました。
 すると、そのとたん、
「ウヒャァー!!」
と、神父さんは、すぐに水の入ったコップに飛びつきました。
 みんなは何がおこったのかわからず、ポカーンとしています。
「これは、どういう事かしら?」
 シンプソンおばさんはプリンの味見をして、すぐに原因がわかりました。
「からい! このプリンに塩を入れたのは、一体誰なの?!」
「わたしよ」
と、スウが言いました。
「あら、わたしも入れたわ」
と、セイリイも言いました。
「わたしも!」
と、最後にリルも言いました。
「おやおや。でもこれで、プリンは塩加減が大事だっていう事がわかったでしょう」
「はーい」
 シンプソンおばさんの言葉に反対する人は、誰もいませんでした。

おしまい

前のページへ戻る


アニメかみしばい


イソップ童話

日本昔話

世界昔話

日本文学

その他


福娘の姉妹サイト

http://hukumusume.com

366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
日本や世界の昔話を掲載
朗読やぬりえなど
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診