アニメ紙芝居  アニメ 紙芝居 福娘童話集
 

福娘童話集 > 絵本紙芝居(アニメかみしばい) おじいさんと孫

おじいさんと孫

アニメサイズ Max 1920×1080 youtubeの設定で変更可能


イラスト 「夢宮 愛」  運営サイト 「夢見る小さな部屋」 「ココナラ

おじいさんと孫

グリム童話 → グリム童話の詳細

イラスト版

 むかしむかし、ひどく年を取ったおじいさんがいました。
 おじいさんは目は悪く、ボンヤリとしか見えません。
 おまけに耳もよく聞こえず、いつもひざがガタガタと震わせていました。
 テーブルに座っても上手にスプーンを持つ事が出来ず、いつもスープをこぼしていました。 おじいさんの息子と、そのお嫁さんは、その事が嫌でたまりません。
 だからおじいさんをテーブルから見えない様に暖炉(だんろ)の後ろに座らせ、そこで食事をする様に言いました。
 のけ者にされたおじいさんの目は、いつも涙でぬれていました。

 ある時、震える手で食事をしていたおじいさんは、皿を床に落として皿を割ってしまいました。
 息子とお嫁さんはブツブツと文句を言うと、その日はおじいさんに何も食べさせませんでした。
 次の日、お嫁さんはおじいさんの為に、ほんの少しのお金で小さな木の皿を買いました。
 その日からおじいさんは、その小さな小皿に入る分しか食べさせてもらえませんでした。

 ある日、四才になる男の子が、小さな板きれを集めて何かを作っていました。
 それを見たお父さんが、男の子に尋ねました。
「お前は、そこで何をしているんだね?」
 男の子はニッコリ笑うと、お父さんに答えました。
「ぼく、これで小さなおけをこしらえるんだよ」
「ほう、上手なもんだね。でも、そんな小さなおけを何に使うんだい?」
「うん。ぼくが大人になったらね、お父さんとお母さんは、このおけでご飯を食ベるんだよ」
 これを聞いた息子とお嫁さんは、しばらく顔を見合わせていましたが、やがて二人とも泣き出してしまいました。
 そして二人は暖炉の後ろにいるおじいさんを、すぐにテーブルのところへ連れてきました。

 この時から、おじいさんはみんなと一緒のお皿で、みんなと一緒に食事をする事が出来ました。
 そしておじいさんがスープをこぼしたり、震える手でお皿を割ったりしても、二人とも何も言わなくなりました。

おしまい

前のページへ戻る

福娘の姉妹サイト

http://hukumusume.com

366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
日本や世界の昔話を掲載
朗読やぬりえなど
女の子応援サイト さくら
誕生日占い・女の子のお仕事など
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診