アニメ紙芝居  アニメ 紙芝居 福娘童話集
 

福娘童話集 > 絵本紙芝居(アニメかみしばい) 三匹のクマ

三匹のクマ



三匹のクマ
イギリスの昔話 → イギリスの国情報

イラスト版   えほん版

 むかしむかし、女の子が森で遊んでいると、遠くに家が見えたので行ってみました。
 その家は、三匹のクマの親子が住む家でした。
 トントントン。
 ドアを叩いても返事がないので、女の子はそっと中に入りました。
 台所のテーブルの上に、大きいおわんと、中くらいのおわんと、小さいおわんがありました。
 どのおわんにもスープが入っていたので、女の子は一口ずつ飲んでみました。
「小さなおわんのスープが、一番おいしいわ」
 お腹が空いていた女の子は、小さいおわんのスープを、すっかり飲んでしまいました。

 居間(いま)には、イスが三つありました。
 大きいイスは、高すぎます。
 中くらいのイスは、すわりごこちがよくありません。
 小さいイスは、女の子にピッタリです。
 ゆらして遊んでいたら、
 ドシン!
 イスがこわれて、女の子はしりもちをついてしまいました。

 となりの部屋には、ベッドが三つありました。
 大きいベッドは広すぎるし、中くらいのべッドはかたすぎます。
「小さいベッドは、ちょうどいいわ」
 女の子は小さいベッドにもぐり込んで、眠ってしまいました。

 しばらくすると、三匹のクマが帰ってきました。
「おや、わしのスープを飲んだのは、だれだ?」
「まあ、わたしのスープを飲んだのは、だあれ?」
 お父さんグマとお母さんグマが、うなりました。
 ちびグマが、泣き声で言いました。
「あーん、だれかがぼくのスープを、飲んじゃった!」

 居間に行くと、
「おや、わしのイスにすわったのは、だれだ?」
「まあ、わたしのイスにすわったのは、だあれ?」
 お父さんグマとお母さんグマが、うなりました。
 そして、ちびグマは、
「わーん、だれかがぼくのイスを、こわしちゃったあ!」
と、泣き出しました。

 三匹のクマは、となりの部屋に行ってみました。
「おや、わしのベッドに寝たのは、だれだ?」
「まあ、わたしのべッドに寝たのは、だあれ?」
 お父さんグマとお母さんグマが、うなりました。
 ちびグマが、叫びました。
「見て! ぼくのベッドに、だれかがいるよ」
 目を覚ました女の子は、ビックリ。
「きゃあああーっ!」
 あわてて窓から、逃げていきました。

おしまい

前のページへ戻る

福娘の姉妹サイト

http://hukumusume.com

366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
日本や世界の昔話を掲載
朗読やぬりえなど
女の子応援サイト さくら
誕生日占い・女の子のお仕事など
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診