アニメ紙芝居  アニメ 紙芝居 福娘童話集
 


福娘童話集 > 絵本紙芝居(アニメかみしばい) 親指姫

親指姫(おやゆびひめ)HD
アニメサイズ Max 1440×1080 youtubeの設定で変更可能



親指姫
アンデルセン童話 → アンデルセン童話

イラスト版  えほん版

 むかしむかし、一人ぼっちの女の人が、魔法使いにお願いしました。
「わたしには、子どもがいません。小さくてもかまわないので、可愛い女の子が欲しいのです」
 すると魔法使いは、種を一粒くれました。
「これを育てれば、願いがかなうだろう」
 女の人が種をまくと、たちまち芽が出てつぼみが一つふくらみました。
「まあ、何てきれいなつぼみでしょう」
 女の人が思わずキスをすると、つぼみが開きました。
 すると、どうでしょう。
 そのつぼみの中に、小さな女の子が座っていたのです。
 女の人は、その小さな女の子にキスをしました。
「はじめまして。あなたの名前は、親指姫よ」

 女の人は小さな親指姫を、それはそれは大切に育てました。
 親指姫はお皿のプールで泳ぎ、葉っぱの舟をこぎながらきれいな声で歌いました。
 そして夜になると、クルミのからのベッドで眠ります。
 おふとんは、花びらでした。

 さて、ある晩の事です。
 ヒキガエルのお母さんが、寝ている親指姫を見つけました。
「あら可愛い。息子のお嫁さんに、ちょうどいいわ。ゲロゲロ」
 ヒキガエルのお母さんは親指姫を連れていくと、スイレンの葉っぱに乗せました。
「さあ、起きるんだよ。
 今日からお前は、わたしの息子のお嫁さんだよ。
 そしてこの沼が、お前の家さ。
 いいところだろ。
 息子を連れて来るから、ここにいるんだよ。ゲロゲロ」
 ヒキガエルのお母さんは、そう言ってどこかへ行ってしまいました。
 一人残された親指姫は、シクシクと泣き出しました。
「ヒキガエルのお嫁さんなんて、いやよ。ドロの沼も、きらいだわ」
 すると、その声を聞いた魚たちが集まり、
「かわいそうに、あのヒキガエルお嫁さんだなんて」
「ねえ、逃がしてやろうよ」
と、スイレンのくきをかみ切ってくれました。
「ありがとう。魚さん」
 くきを切られたスイレンの葉っぱは、水の流れに流れていきます。
 親指姫は飛んでいたチョウチョウにお願いして、葉っぱを引っ張ってもらいました。
 チョウチョウのおかげで、葉っぱはどんどん川を下っていきます。
 するとそれを、コガネムシが見つけました。
「おや、珍しい虫がいるぞ」
 コガネムシは親指姫を捕まえると、森の奥へと連れて行ってしまいました。
 おかげで親指姫は、森の奥で一人暮らしです。
 親指姫は花のミツを食ベて、草にたまったつゆを飲んで、葉っぱにくるまって眠ります。

 やがて冬がきて、空から雪が降ってきました。
「ああ、何て寒いのかしら」
 寒さに震えながら歩いていた親指姫は、野ネズミの家を見つけました。
「あの、寒さで困っています。どうか、中へ入れてくれませんか?」
 親指姫が声をかけると、野ネズミのおばさんが出てきて言いました。
「おやおや、かわいそうに。さあ、中はあったかいし、食ベ物もたくさんあるよ。遠慮せずに、いつまでもいるといいよ」
 こうして親指姫は、野ネズミのおばさんと一緒に暮らす事になりました。

 さて、野ネズミの家のさらに地面の奥には、お金持ちのモグラが住んでいました。
「なんて可愛い娘だろう」
 親指姫を気に入ったモグラは、毎日遊びにきます。

 ある日の事、親指姫はけがをして倒れているツバメを見つけました。
 やさしい親指姫は、毎日ツバメの世話をしました。
「どうか元気になって、もう一度歌って。わたし、あなたの歌が大好きよ」

 春になり、すっかり元気になったツバメが親指姫に言いました。
「あなたのおかげで、また飛べるようになりました。さあ、一緒に南の国へ行きましょう。南の国は、とってもいいところですよ」
「ありがとう。でも、いけないわ」
「どうして?」
「だって、わたしがいなくなったら、お世話になった野ネズミのおばさんがさびしがります」
「・・・そうですか。では、さようなら」
 ツバメは親指姫に礼を言うと、南の国へ飛んでいきました。

 夏が来ると、野ネズミのおばさんが言いました。
「親指姫や、いい話ですよ。
 なんとお金持ちのモグラさんが、あなたをお嫁に欲しいんですって。
 よかったね、モグラさんに気に入ってもらって。
 秋になったら、モグラさんと結婚するのですよ」
 親指姫は、ビックリしました。
 モグラはきらいではありませんが、モグラと結婚したらずっと地面の底で暮らさなければなりません。
 モグラは、お日さまも花も大きらいだからです。

 夏の終りの日、親指姫は野原で言いました。
「さようなら、お日さま。
 さようなら、お花さんたち。
 わたしは地面の底に行って、もう二度とあなたたちに会えません」
 親指姫は悲しくなって、泣き出しました。
 その時、空の上から聞き覚えのある声が聞こえました。
「親指姫。お迎えに来ましたよ」
 あの時助けたツバメが、飛んできたのです。
「聞きましたよ、モグラがあなたをお嫁さんにしたいと。さあ、今度こそ一緒に行きましょう」
「ええ、行きましょう」
 ツバメは親指姫を背中に乗せて、大空を飛んでいきました。

 何日も何日も南へ飛んで、着いたのは花の国です。
 ツバメは花の上に、親指姫をおろしました。
 花の上には、親指姫と同じくらいの大きさの男の子が立っていました。
「ようこそ、かわいい娘さん」
 この男の子は、花の国の王子さまです。
「さあ、これをどうぞ」
 王子さまは、親指姫の背中に羽をつけてくれました。
 それから親指姫は、花の国の王子と結婚しました。
 二人は花から花へと飛びまわりながら、いつまでも幸せに暮らしました。

おしまい

前のページへ戻る

福娘の姉妹サイト

http://hukumusume.com

366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
日本や世界の昔話を掲載
朗読やぬりえなど
女の子応援サイト さくら
誕生日占い・女の子のお仕事など
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診