アニメ紙芝居  アニメ 紙芝居 福娘童話集
 

福娘童話集 > 絵本紙芝居(アニメかみしばい) みにくいアヒルの子(4k HD)

みにくいアヒルの子(4k HD)
アニメサイズ Max 2880×2160 youtubeの設定で変更可能
再生環境に合わせて、最適な画質でお楽しみ下さい。




みにくいアヒルの子(4k HD)
アンデルセン童話 → アンデルセン童話の詳細

イラスト版  えほん版

おりがみをつくろう ( おりがみくらぶ より)
あひるのかおあひるのかお 白鳥の折り紙はくちょう

 むかしむかし、あるところに、おほりに囲まれた古いお屋敷がありました。
 そのおほりのしげみの中で、一羽のアヒルのお母さんが巣(す)の中のタマゴをあたためていました。
 やがてタマゴが一つずつ割れると、中からは黄色い色をしたかわいいひなたちが顔を出します。
 ですが、巣の中で一番大きなタマゴだけが、なかなか生まれてきません。
 しばらくたって、やっとタマゴを割って出てきたのは、たいそう体の大きなみにくいひなでした。
 みにくいアヒルの子はどこへ行ってもいじめられ、つつかれて、かげ口をたたかれます。
 はじめのうちはみにくいアヒルの子をかばっていたお母さんも、しまいには、
「本当にみにくい子。いっそ、どこか遠い所へ行ってくれたらねえ」
と、ため息をつくようになりました。
 それを聞いたみにくいアヒルの子はいたたまれなくなって、みんなの前から逃げ出してしまいました。

 あてもなく飛び出しましたが、どこに行ってもきらわれます。
 アヒルの子は人目につかない場所を選んで眠り、起きればまた逃げ続けました。

 季節はいつの間にか、秋になりました。

 そんなある日、みにくいアヒルの子はこれまで見たこともないような、美しいものを目にしました。
 それは、白鳥(はくちょう)のむれでした。
 長くしなやかな首をのばし、まぶしいばかりの白いつばさをはばたいて、白鳥たちはあたたかい国へと飛んでいくところでした。
 アヒルの子はあっけにとられて、その美しい烏たちが空のかなたへ去っていくのを見送っていました。
「あんな鳥になれたら、どんなにか幸せだろう。
  いや、アヒルの仲間にさえ入れないくせに、そんな事を考えてどうするんだ」

 冬が来て、沼には氷が張りはじめました。
 アヒルの子はアシのしげみにじっとうずくまって、きびしい寒さをたえしのびました。

 そのうちに、お日さまはしだいにあたたかさをまし、ヒバリが美しい声で歌いはじめます。
 ついに、春が来たのです。
 アヒルの子は体がうきうきしはじめると、つばさをはばたいてみました。
 すると体が、浮くではありませんか。
「ああ、飛んだ、ぼくは飛べるようになったんだ」
 アヒルは夢中ではばたくと、やがておほりにまいおりました。
 その時、おほりにいた白鳥たちが、いっせいに近づいてきたのです。
「ああ、みにくいぼくを、殺しにきたんだ。
  ぼくは殺されるんだ。
  ・・・でも、かまわない。
  みんなからひどい目にあうより、あの美しい鳥に殺された方が、いくらましだかしれない。
  さあ、ぼくを殺して!」
 アヒルの子は、殺されるかくごをきめました。
 しかし、そうではありません。
 白鳥たちはアヒルの子の周りに集まると、やさしく口ばしでなでてくれたのです。
 そして白鳥の1羽が、言いました。
「はじめまして、かわいい新人さん」
「えっ? 新人さん? かわいい? ぼくが?」
 ビックリしたアヒルの子は、ふと水の上に目を落とすと、そこにうつっていたのは、もうみにくいアヒルの子ではありません。
 まっ白に光りかがやく、あの白鳥だったのです。
 冬の間に羽が抜けかわって、美しい白鳥に姿をかえていたのでした。
「あたらしい白鳥が、一番きれいだね」
 みんなの声が、聞こえてきました。

おしまい

前のページへ戻る

福娘の姉妹サイト

http://hukumusume.com

366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
日本や世界の昔話を掲載
朗読やぬりえなど
女の子応援サイト さくら
誕生日占い・女の子のお仕事など
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診