アニメ紙芝居  アニメ 紙芝居 福娘童話集
 

福娘童話集 > 絵本紙芝居(アニメかみしばい) 利口なシカのカンチール

利口なシカのカンチール
アニメサイズ Max 2880×2160 youtubeの設定で変更可能
再生環境に合わせて、最適な画質でお楽しみ下さい。




利口なシカのカンチール

イラスト版  えほん版

 むかしむかし、カンチールというかしこくて小さなシカが、森で友だちと遊んでいました。
 走り回った力ンチールは、のどがかわいたので、
「ぼく、水を飲みに行ってくるよ」
と、一人で川にやってきました。
 ふと見ると、水の上に長い棒が浮かんでいます。
「ちょうどいいや。あの上に乗っかれば、よく水が飲める」
 でもそばまで来ると、どうも棒とは少し違うようです。
 上にギザギザが並んでいるので、もしかするとワニの背中かもしれません。
 もしもワニの背中だったら、乗っかったとたんにパクリと食ベられてしまいます。
「よし、棒かワニか、調ベてやろう」
 そう思った力ンチールは、大きな声で言いました。
「そこに浮かんでるのは、棒かな? ワニかな? 棒なら、今にひっくり返るぞ。ワニだったら、 いつまでもジッとしてるけどなあ」
 カンチールは、わざと反対の事を言ったのです。
 すると水に浮かんでいた太い物が、急に動き出しました。
 そしてグラリとひっくり返って、ワニのお腹が出たのです。
 カンチールは、笑いながら言いました。
「やあ、バカなワニさん。棒が勝手に、ひっくり返るはずがないだろう。ぼくは向こうへ行って、水を飲むよ」
「しまった。せっかく待ちぶせしていたのに、おしいことをした」
 ワニはくやしがって、今度は林の中に穴をほってもぐりこみました。

 水を飲み終えたカンチールが遊びにいく途中で、その穴を見つけました。
「大きな穴だなあ。もしかすると、ブタさんの家かもしれないぞ」
 そっと穴をのぞくと、ワニが昼寝をしていました。
「ウヒャァー。いつかのワニだ!」
 カンチールがあわてて逃げて行くと、今度は向こうからおそろしいトラがやって来ました。
 トラはカンチールを食べようと、するどいキバをむき出して、こっちに近づいてきます。
 りこうなカンチールは、トラに言いました。
「トラさん、いいことを教えてあげましょうか? 実はあっちの林に、ブタさんがいるんですよ」
 ブタは、トラの大好物です。
「なに、ブタだって。それはありがたい。ブタはお前なんかより、ずっとおいしいからな。さあ、どこだ。連れて行ってくれ」
 そこで力ンチールは林に戻ると、ワニが昼寝をしていた穴を教えました。
「ここです、トラさん。この穴ですよ」
「そうか、よし、いただきまーす」
 トラは喜んで、穴に入っていきました。
 でも穴はカラッポで、なにもいません。
 ワニは昼寝から起きて、どこかへ行ったのです。
「力ンチールめ、よくもおれをだましたな!」
 トラは怒って穴から出ると、カンチールを探しました。
 するとカンチールは、近くの木を見上げていました。
「やい、力ンチール。覚悟しろ!」
 トラは、カンチールにとびかかろうとしました。
 するとカンチールは、木の上にぶら下がっている物を指さして言いました。
「待ってください、ぼく、めずらしい物を見つけました。人間が残していった、つりがねです」
「へえっ、つりがねか。どこにあるんだい?」
「ほら、あの木の枝にぶらさがっているでしょう。小さいけど、とってもいい音がするんですよ」
「そうか、よし、ちょっと鳴らしてやろう。そこをどけ!」
 トラは背伸びをすると、木の枝にさがっている物を力いっぱいたたきました。
 ところがそれは、ハチの巣だったのです。
 怒ったハチは、トラにおそいかかりました。
 チクリ、チクリ、チクチク。
「わあーっ、やめろ、やめろ、痛たっ!」
 転げ回るトラをしりめに、カンチールはどこかへ逃げてしまいました。

おしまい

前のページへ戻る

福娘の姉妹サイト

http://hukumusume.com

366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
日本や世界の昔話を掲載
朗読やぬりえなど
女の子応援サイト さくら
誕生日占い・女の子のお仕事など
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診