アニメ紙芝居  アニメ 紙芝居 福娘童話集
 


福娘童話集 > 絵本紙芝居(アニメかみしばい) 天使(4k HD)

天使(4k HD)
アニメサイズ Max 3600×2160 youtubeの設定で変更可能
再生環境に合わせて、最適な画質でお楽しみ下さい。




天使(4k HD)
アンデルセン童話 → アンデルセンについて

イラスト版 えほん版

 むかしむかし、天使が白い羽を広げながら、これから神さまの所へ行く女の子に話して聞かせました。
「いいですか。
 死んで神さまのところへ行く子どもには、このわたしの様な天使が迎えに来るのですよ。
 そして、その子が一番好きだった所へ連れて行って、一緒に花を集めるのです。
 その花は神さまの所へ持って行くと、地上にあった時よりもずっとずっときれいに咲くのです。
 なかでも、神さまが特別にキスなさった花は、声が出るようになって歌を歌うのです」
 そう言って天使は、女の子と一緒に女の子が一番好きだった故郷の花園へ飛んで行きました。
「さあ、どの花を持って行くのですか?」
 天使がたずねると、女の子はバラの木を指差しました。
 天使が見てみると一本の枝が折れていて、開きかけたつぼみが干からびていたのです。
「かわいそうに。では、神さまのところで花が開きますように」
 天使は、にっこりしてその花を取りました。
 それから二人は、きれいな花をたくさんつみました。
 さて、花をつんでしまうと、天使は女の子を夜の町に連れて行きました。
 その暗い道ばたには、がらくたが山の様に積んであります。
 天使はそのがらくたにある植木ばちのかけらに入った、干からびた野の花を指差しました。
「あれも、持って行きましょうね。そのわけは、飛びながら話してあげますよ」
 こうして二人は、神さまのところに向かって飛んで行きました。
 天使は飛びながら、女の子に話しました。
「さっきの町のせまい地下室には、病気の子がいました。
 その子の遊びといったら、お日さまが三十分ぐらい差し込む窓から、光に手をかざして見るぐらいのものでした。
 その子が始めて春の森を知ったのは、となりの子が持ってきてくれた緑の枝を見た時です。
 その枝を頭の上に持っていくと、小鳥がいっぱいさえずっている森の中にいるような気がしたのです」
 女の子は、天使の顔をのぞきこみました。
 天使は女の子に、やさしくほほえみました。
「それから、となりの子は野の花を持ってきてくれました。
 その花には根がついていたので、病気の子は植木ばちに植えて大切に世話をしました。
 お陰で花はすくすくと育って、毎年咲く様になり、その子の宝物になったのです。
 だって、花はその子のためだけにきれいに咲いて、いい香りをふりまいていたんですもの」
 天使は、大きく羽ばたきました。
「でも、やがて病気の子は、花を見ながら死んでしまいました。
 その花は忘れられて、干からびて、捨てられてしまったのです。
 それが、この花なのです。
 だからこの花は、どんなに立派な庭の花よりも、ずっと素敵なのですよ」
 話を聞いた女の子は、天使にたずねました。
「ふーん。でも、どうしてそんなに、その花の事を知っているの?」
 天使はニッコリ笑うと、答えました。
「それはね。わたしが、その病気の子どもだったのですよ」
 ちょうどその時、二人は神さまの国につきました。
 神さまは干からびた野の花にキスをして、声を与えてくれました。
 それから神さまは、やさしく女の子を胸に抱いて言いました。
「良く来たね。これからは、君が死んだ子どもたちをここへ連れて来るのだよ」
「えっ? わたしが?」
 気がつくと、神さまに抱かれた女の子の背中には、小さなまっ白い羽が生えていました。
 女の子は、天使になったのです。

おしまい

前のページへ戻る

福娘の姉妹サイト

http://hukumusume.com

366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
日本や世界の昔話を掲載
朗読やぬりえなど
女の子応援サイト さくら
誕生日占い・女の子のお仕事など
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診