アニメ紙芝居  アニメ 紙芝居 福娘童話集
 


福娘童話集 > 絵本紙芝居(アニメかみしばい) 金になったお姫さま4kHD

金になったお姫さま(4kHD)
アニメサイズ Max 2880×2160 youtubeの設定で変更可能
再生環境に合わせて、最適な画質でお楽しみ下さい。

字幕「日本語」を追加しました。


金になったお姫さま4kHD
ギリシアの昔話 → ギリシアの国情報

イラスト版  えほん版

 むかしむかし、たいへん金の好きな王さまがいました。
「金はいい。ピカピカと光って美しいし、なによりも値段が高い。・・・どれ、宝の蔵(くら)へ行って、金をながめてこよう」
 王さまは金のかんむりをかぶりなおして、金のいすから立ちあがりました。
 宝の蔵は、かべも柱もてんじょうも、全てが金で出来ていました。
 金の大きなテーブルには、金の食器が並んでいます。
 かざってあるよろいや剣も、全て金です。
 王さまは金ぴかの部屋を見回して、楽しそうに言いました。
「世界中に、これほどたくさん金を持っている者はいないだろう。
 だが、もっとたくさん金がほしいものだ。
 もしも、わたしの手でさわった物がみんな金になったら、どんなに良いだろう」
 王さまがそうつぶやいた時、うしろからやさしい声がしました。
「それほど金がお好きなら、あなたののぞみをかなえてあげましょう」
 王さまがふりむくと、そこには美しい女神(めがみ)が立っていたのです。
「ほっ、本当ですか?」
「はい、今からあなたの手でさわった物は、全て金にかわります。それが、どんな物であっても」
 女神はそう言うと、フッと消えてしまいました。
「わたしの手でさわった物が、全て金になるとはすばらしい! さっそく、ためしてみよう」
 王さまはまどへ行くと、風でユラユラゆれている絹(きぬ)のカーテンをさすりました。
 すると絹のカーテンが、ドッシリと重い金のカーテンに変わってしまったのです。
「これはすごい! 本当に金になった!」
 王さまは、大喜びです。
 王さまは、庭の花園(はなぞの)に行きました。
 花園には美しい羽のクジャクが歩いていて、まわりはケシの花がいっぱいです。
 王さまは、クジャクの頭をなでました。
 するとクジャクは、とてもまぶしい金のクジャクに変わりました。
 次に王さまは、ケシの花にさわりました。
 ケシの花も、光り輝く金の花に変わりました。
「なんと、動物や植物まで金に変わってしまうとは。・・・女神さま、ありがとうございます」
 王さまが大喜びしていると、その声を聞いたお姫さまが花園にやってきました。
「まあ、お父さま。何をそんなに、喜んでいらっしゃるの?」
「おお、姫か。見ておいで。わたしが手でさわると、なんでも金になってしまうのだよ。さあ、こっちへ来てごらん」
 王さまは思わず、かわいいお姫さまの頭をなでました。
 するととたんに、お姫さまは金になってしまったのです。
「ああっ、なんという事だ!」
 王さまは、お姫さまをゆさぶって泣きました。
「姫、姫。どうか、目を開けておくれ! どうか、返事をしておくれ!」
 けれども金になったお姫さまは目を開けませんし、返事もしてくれません。
 王さまは、天に向かって手を合わせてたのみました。
「女神さま、わたしが間違っていました。どうかこの魔法を、といてください。わたしには金よりも、姫が大事です。どうぞ、もとのかわいい姫にもどしてください」
 するとどこからか、女神さまの声がしました。
「それでは、裏の川でよく手を洗いなさい。そしてその川の水を金になった物にかければ、もとの姿に戻りますよ」
 王さまはさっそく川へかけだすと、手をゴシゴシと洗って、その水を金のお姫さまの頭にかけました。
 するとお姫さまはニッコリ笑って、もとの美しい姿になりました。
 王さまはクジャクにもケシの花にも絹のカーテンにも、金に変えた全ての物に水をかけました。
 そしてお姫さまとしっかりと手をつなぎ、うれしそうに帰って行きました。

おしまい

前のページへ戻る

福娘の姉妹サイト

http://hukumusume.com

366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
日本や世界の昔話を掲載
朗読やぬりえなど
女の子応援サイト さくら
誕生日占い・女の子のお仕事など
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診