アニメ紙芝居  アニメ 紙芝居 福娘童話集
 

福娘童話集 > 絵本紙芝居(アニメかみしばい) 若者に恋をした魔女 前編(4k HD)

若者に恋をした魔女 前編(4k HD)
アニメサイズ Max 2880×2160 youtubeの設定で変更可能
再生環境に合わせて、最適な画質でお楽しみ下さい。




若者に恋をした魔女 前編(4k HD)
福娘オリジナル童話

イラスト版 えほん版

 むかしむかし、ある深い森の中に、とても年を取った魔女がいました。
 あまりにも年を取りすぎて、五百才なのか千才なのか、自分でもわかりません。
 この魔女は大きな木をくり抜い て作った、木の家に住んでいます。

 ある日の事、魔女の木の家のそばを、これまで見た事がないほど美しくてさわやかな青年が通りました。
「まあ、なんて素敵な人でしょう」
 魔女はその青年を見たとたん、恋に落ちてしまいました。
「長い間生きてきたけど、こんな気持ちは初めてだわ。
 ・・・でも、わたしはしわくちゃのおばあちゃん。
 こんなわたしが好きだと言っても、あの人は迷惑するわね」

 そこで魔女は古い本や巻物を調べて、『ヘビのぬけがら』『オオカミのおしっこ』『マンモスの牙』『コオロギの羽』と、不気味な物をどんどん集めて、それを鍋でぐつぐつと煮込みました。
 そして夜が明ける頃に、大鍋いっぱいの「若返り薬」が出来上が ったのです。
 魔女はそれを小さなビンに小分けにすると、さっそく若返り薬を飲んでみました。
「ううっ、何て味なの!?」
 若返り薬はとても苦くて、そのままではどうしても飲めません。
 そこで彼女は大好きなチョコレートを山のように用意すると、薬を一さじ飲んではチョコレートをかじり、また薬を一さじ飲んではチョコレートをかじりと、何時間も何時間もかけて、ようやく小さな小瓶の薬を飲み干しました。
 そして最後の一滴を飲んだ瞬間、魔女は肌からしわが取れ、曲がった背中はピンの伸び、真っ白だった髪の毛は金髪にと、とても若くて可愛らしい姿になったのです。
「まあ、成功だわ」
 若返った自分に満足した魔女は、黒くて古臭い魔女のドレスから、花飾りの付い た流行りのきれいなドレスに着替えました。
 これでもう、どこから見ても魅力的な少女にしか見えません。
 魔女はさっそく青年に会うために、町へ出かけて行きました。

 魔女がベンチに座っていると、向こうからあの青年がやって来ます。
 若返った魔女が青年に微笑むと、青年も若返った魔女に一目惚れして、魔女に声をかけてくれました。
 楽しくおしゃべりをする、魔女と青年。
 魔女にとって、それは生まれて初めての素晴らしい経験でした。
(恋をするって、何て素敵なのかしら)
 魔女と青年は楽しいおしゃべりを続けましたが、でも、魔女にはあまり時間が残されていません。
 魔女は青年とのおしゃべりを途中で切り上げると、青年に急いで別れを言い ました。
「わたし、もう家に帰らないと行けないの。また明日ね」
 そして青年と別れた魔女が自分の家に入ったとたん、若返り薬の効き目が切れてしまいました。
 すると美しかった少女は、再び元のおばあさんに戻ってしまいました。
「何とか間に合ったわ。こんな姿を見られたら、あの人に嫌われてしまうものね」
 こうして魔女は毎日苦い若返り薬を飲むと急いで青年に会いに行き、青年との楽しい時間を過ごしました。
 でも、魔女と青年が一緒に過ごす時間は、毎日少しずつ少なくなっていきます。
 なぜなら、魔女の体が若返りの薬になれてしまい、少しずつ効き目が弱くなっていったのです。
 でも若返りの薬はとても強い薬なので、一度にたくさん飲むと体に良くありません。
「年寄りになる薬なら、効果はいつまでも続くのに。・・・わたしが若い姿であの人と会えるのも、あと何回かしら?」

 そんなある日、青年は魔女との別れ際に、ほほ笑みながらこう言うのです。
「わたしは、あなたの事が好きです。たとえあなたがどんな姿であっても、わたしの気持ちは変わりませんよ」
 それを聞いた魔女は、こんな事を思いました。
(あの人は、わたしの本当の姿を知っても、わたしの事を愛してくれるのかしら。
 ・・・こんな、おばあちゃんのわたしでも)

後編へ続く

・次回予告

 結婚を誓った魔女と青年。
 でも、若返り薬の効果が切れて、魔女は元の姿に。

 魔女の本当の姿を見た青年は・・・。

前のページへ戻る

福娘の姉妹サイト

http://hukumusume.com

366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
日本や世界の昔話を掲載
朗読やぬりえなど
女の子応援サイト さくら
誕生日占い・女の子のお仕事など
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診