福娘童話集 > きょうのイソップ童話 福娘童話集 きょうのイソップ童話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
広 告
 


福娘童話集 > イソップ童話 > その他のイソップ童話 > フクロウと鳥たち

第 3話

フクロウと鳥たち

フクロウと鳥たち

♪音声配信(html5)
朗読者 : ひろりん

 物知りのフクロウはドングリが芽生えると、これが大きくなる前に全部地面から引き抜く様にと鳥たちに忠告しました。
 なぜなら、ドングリが成長するとやがてヤドリギを寄生させて、そのヤドリギからは災厄をもたらすトリモチが抽出されて、それで皆捕まえられてしまうと言うのです。
 次にフクロウは、人間がまいた麻の種は鳥たちに災いをもたらす植物なので、取り除くようにと忠告しました。
 そして最後に弓矢を持った猟師がやって来るのを見て、この人間は歩いているが、彼は我々よりも速く飛ぶ事の出来る武器で攻撃して来るだろうと予言しました。
 ところが鳥たちはフクロウの予言を信用せず、それどころか彼女の事を弱虫だとバカにしたのです。
 しかしその後、鳥たちは彼女の言葉が正しかった事を思い知りました。
 それからは彼女が現れると、鳥たちは彼女の知恵にあやかろうと集まってくるのですが、
「もっと早くにそうしていれば、多くの仲間を失わずに済んだのに。
 今から忠告を聞こうなんて、虫が良すぎます」
と、彼女はもはや、忠告を与えようとはしませんでした。

 人の忠告と言うものは、その人が忠告してくれている間に耳を傾けなければいけません。
 後から忠告を聞いても、失った物は戻っては来ないのです。

おしまい

前のページへ戻る


福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識