福娘童話集 > きょうのイソップ童話 福娘童話集 きょうのイソップ童話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
広 告
 


福娘童話集 > イソップ童話 > その他のイソップ童話 > 二匹のロバ

第 7話

二匹のロバ

二匹のロバ

♪音声配信(html5)
朗読者 : ひろりん

 重い荷物を背負った二匹のロバが首に付けた鈴を鳴らしながら、お金持ちのおじさんに連れて行かれました。
 一匹の方は麦の袋を三俵も積み上げていましたが、もう一匹の方はかごを一個背負っているだけでした。
 そのかごの中には、お金がいっぱい入った袋と、指輪や宝石などの大切な宝物が入った箱が入れてありました。
 麦の袋を背負ったロバは、重いのに長い道を歩いて来たので、
「フウ、フウ・・・」
と、苦しそうな息を吐きながら、とぼとぼついて行きました。
 首に付けた鈴も、
「リ、リ、リ・・・」
と、あまり良い音もたてませんでした。
 もう一匹のロバは、仲間のロバをバカにして、
「へん。おれの方は、大事な物を運んでいるんだぞ。お前の方は三俵も背負ってたって、たかが麦じゃないか。値打ちが違うよ」
と、首を高く持ち上げ、勇ましそうに尻尾を振り、
「力ポカポ」
と、ひづめの音も高く歩いていきました。
 首に付けた鈴の音も、
「♪リン、リン、リン」
と、気持ちの良い響きを立てていました。
 二匹のロバと主人は、やがて森の中へ入って行きました。
 すると、茂った木の陰に隠れていた悪者が、刀を抜いて現れました。
 悪者は麦の入った袋などには目もくれず、お金と宝の入ったかごを取ろうとしました。
 お金持ちのおじさんも、渡してなるものかと刀を抜いて切り合いました。
 その為、宝のかごを背負ったロバは悪い者に殴られたり、切られたり、ひどい目に会いました。
 そしてとうとう、悪者にお金と宝を盗まれてしまったのです。
 怪我をしたロバは、
「やれやれ、何て情けない事だろう。
 お金や宝なんて運んだばかりに、殴られたり、切られたり、ひどい目にあった」
と、なげきました。
 麦の袋を背負った方のロバは、
「おれは、そんな大事な物を運ばないで良かったよ。
 誰も、おれの事など気にもかけてくれなかった。
 それで盗まれもしなきゃ、怪我もしなかった」
と、喜びました。

 人から注目を浴びる事は、人からねたまれる事にもなるのです。

おしまい

前のページへ戻る


福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識