福娘童話集 > きょうのイソップ童話 福娘童話集 きょうのイソップ童話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
広 告
 


福娘童話集 > イソップ童話 > その他のイソップ童話 > 医者になった靴職人

第 17話

医者になった靴職人

医者になった靴職人
イソップ童話 → 福娘童話集のイソップ童話

 ある腕の悪い靴職人が、仕事がうまくいかないので、医者を始めました。
 そして、
「これは、あらゆる毒を消し去る解毒剤です。虫や蛇の毒はもちろんの事、食あたりや毒殺からも身を守ることが出来るのです」
と、たくみな話術で、自分が適当に作ったインチキ薬を売り始めました。
 するとこれが大当たりで、彼はたちまち町の有名人となりました。
 しかしある時、この元靴職人の医者が重い病気にかかったのです。
「どんな毒でも消し去る薬を売る医者が、病気になるとはおかしいぞ」
 これを不審に思った町長が、彼が作った解毒剤に毒を混ぜるふりをして、
「褒美をやるから、これを飲み干してみろ。この解毒剤が本物なら、問題はないだろう」
と、命令しました。
「それは、その・・・」
 医者は死ぬのを恐れて、
「ごめんなさい。本当は、薬の知識など持ち合わせていません。この解毒剤はインチキです」
と、白状したのです。
 これを知った町の人たちは怒って、医者の元へお金を返せと押し寄せました。
 すると町長は、集まった市民にこんな事を言ったのです。
「この元靴屋のインチキ医者は、たしかに悪い。だが君たちは、このインチキ医者を責める前に、自分たちを責めるべきではないのか? なにしろ、足に履く靴さえも注文しなかった男に、自分たちの命を委ねたのだからね」

 人にだまされて文句を言う人は大勢います。
 たしかに、人をだました悪人は、罰せられるべきでしょう。
 でも、相手のうそを見抜けずに、だまされた方にも責任はあるのです。

おしまい

前のページへ戻る


福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識