福娘童話集 > きょうの日本昔話 福娘童話集 きょうの日本昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
広 告
 


福娘童話集 > 日本昔話 > その他の日本昔話 >千里の靴

第 22話

千里の靴

千里の靴

 むかしむかし、あるところに、とても貧しい親子が住んでいました。
 母親は三人の息子の為に寝る間もおしんで働きましたが、暮らしはいっこうに楽になりません。
 そこで母親はある日、息子たちを家から連れ出すと山奥へ入って行きました。
「おっかあ、どこへ行くだ?」
 子どもたちが尋ねると、母親は、
「いいとこへ連れて行ってやるから」
と、答えるだけです。
 そして、森の奥まで来ると、
「ここでジッと待ってろや。うまい木の実を取ってやるから」
と、そう言うなり、
「かんにん、かんにんなあ・・・」
と、逃げ出してしまいました。
 そうとも知らずに待っていた子どもたちは、日も暮れて心細くなってくると、
「おっかあー!」
と、母親を呼んで泣き出しました。
 その時、末っ子が二人の兄をなぐさめました。
「兄さ。あそこに家の明かりが見えるよ。行ってみようよ」
 末っ子がベソをかく兄たちを引っぱって家へ行ってみますと、ひどいあばら屋におばあさんが一人、いろりに火をくベています。
「道に迷って帰れんから、泊めてくれ」
 末っ子が頼みますと、おばあさんはあわてて言いました。
「泊めてやりたいが、ここは鬼の家じゃ。鬼が帰って来れば、お前らはとって食われるぞ」
 その時、鬼の足音が家の方に近づいて来たのです。
「仕方ねえ、早く隠れろ」
 おばあさんが急いで三人の子どもを隠しますと、家に入ってきた鬼が鼻をヒクヒクさせて言いました。
「くせえ、くせえぞ。家が人間くせえ。誰かいるのか?」
「ああ、実はさっき、人間の子が三人やって来たけど、あんたの足音を聞いて逃げ出したよ」
 おばあさんが答えると、鬼はひと駆け千里のくつをはいて表へ飛び出しました。
「さあ、今のうちに逃げるんだよ」
 そのすきにおばあさんは、子どもたちを裏口から逃がしてやりました。
 ところが子どもたちの逃げ出した道は、鬼の駆け出した道と一緒だったのです。
 やがて子どもたちは、走り疲れて寝ている鬼を見つけました。
「わあ、鬼だ、鬼だ」
「どうするベえ」
 兄たちはうろたえましたが、末っ子は落ち着いて鬼の足から千里のくつを脱がせると、それを二人の兄の足にはかせて自分は兄たちの背中につかまりました。
「千里のくつなら、片方ずつでも早く走れるはず。さあ、家に帰ろう!」
 弟が兄たちに言うと、二人の兄は足を交互に動かしてかけ出しました。
 その物音に鬼は目を覚ましましたが、片方ずつでも飛ぶ様に走って行く子どもたちを追いかける事は出来ません。
 こうして三人の子が無事に家につくと、母親は驚き、そして涙を流して喜びました。
「ごめんね。もう二度と、お前たちを捨てたりはしないよ」
 子どもたちは次の日から千里のくつを使って荷物を運ぶ仕事を始め、やがて大金持ちになったということです。

おしまい

前のページへ戻る


福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識