福娘童話集 > きょうの日本昔話 福娘童話集 きょうの日本昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
広 告
 


福娘童話集 > 日本昔話 > その他の日本昔話 >ふたつのネズミ船

第 23話

ふたつのネズミ船

ふたつのネズミ船
東京都の民話東京都情報

 むかしの江戸の町は、『火事が名物』と言われるほど火事の多い町でした。

 さて、ある年の冬に起きた火事は三日三晩も燃え続けて、江戸の町の三分の二が焼け野原になりました。
 火事の後は食べる物がなくなってしまい、江戸の人たちはさらに苦しい暮らしが続きました。
 そしてこの大火事で、江戸のネズミたちも困った事になりました。
 何とお腹を空かせた人間たちが、ネズミを捕まえて食べ始めたのです。
「このままじゃ、江戸中の仲間がいなくなってしまう」
 江戸のネズミたちは相談して、江戸から引っ越しする事にしました。
「さて、どこへ行こうか。どうせなら暖かくて、食べ物がいっぱいあるところがいいな」
「それじゃ、九州がよいぞ。九州は暖かくて、米やイモがたくさんあると聞いたぞ」
「決まりだ。みんなで九州へ行こう」
 こうして何十万匹という江戸のネズミたちが船に乗って、九州へと旅立ちました。

 さて、江戸を離れて、三日ほどたった夜明けの事です。
 海の向こうから、一隻の船がやって来ました。
 不思議な事にその船もネズミ船で、何十万匹というたくさんのネズミが乗っていました。
「おーい、お前たちはどこのネズミだ?」
 江戸のネズミが尋ねると、その船のネズミが答えました。
「わしらは、九州のネズミでごわす。これから江戸へ行くところでごわす」
「なんだと? そいつは無理無理、止めておけ」
 江戸のネズミの親分は、九州のネズミに大火事の話をしました。
「てなわけでよ、おらたちはこれから九州へ行って、暖かく幸せに暮らそうとと思うんだ」
 すると、九州のネズミの親分が出て来て言いました。
「なるほど、それでわかったでごわす。
 実は江戸の大火事は九州にも伝わり、欲の深い人間たちが米を高く売ろうと、九州からどんどん運び出しておるんでごわすよ。
 ネズミはその米を食うからと、見つけしだい殺されるでごわす。
 だからみんなで相談して、米がたくさん集まる江戸に逃げようとしたんでごわすが、江戸がそんな様子じゃ、行っても仕方がないでごわすなあ」
 そこで海の上で出会った江戸のネズミと九州のネズミたちは、あれこれと相談をしました。
「江戸へ行けば、人間に捕まって食われる。
 九州では、欲の深い人間たちに殺される。
 これじゃ、どっちに行っても死ぬだけだ。
 どうせ死ぬなら、みんなで海に飛び込んで死んでやろうじゃないか」
 こうして、ふたつの船の何十万匹というネズミたちは、次々と海へ飛び込んで行ったそうです。

おしまい

前のページへ戻る


福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識