福娘童話集 > きょうの日本昔話 福娘童話集 きょうの日本昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
広 告
 


福娘童話集 > 日本昔話 > その他の日本昔話 >ウサギの誕生

第 27話

ウサギの誕生

ウサギの誕生
北海道の民話北海道情報

おりがみをつくろう ( おりがみくらぶ より)
ウサギの折り紙うさぎ   ウサギの顔の折り紙うさぎのかお

 むかしむかしの大むかし、月には大勢の王子さまが住んでいました。
 王子さまはみんな明るく元気で、遊ぶ事が大好きです。
 いつも月の世界で、走ったり歌ったり追いかけっこをしたりして過ごしていました。

 ある日の事、月に雪が降りました。
 キラキラ、ヒラヒラ
 キラキラ、ヒラヒラ
 輝きながら舞い降りてくる真っ白な雪に、王子さまたちは大喜びです。
「わーい。雪だ、雪だ」
「何をして、遊ぼうか?」
 王子さまたちが雪を手の平に乗せたり、そっと口に入れてみたりしているうちに、雪は月一面に真っ白に降りつもりました。
「なんて美しいんだろう。まるで、真珠をしきつめたようだ」
 一人の王子さまが、雪を両手で包んでボールのように丸く固めました。
 そして雪の玉を、近くにいた王子さまに投げつけたのです。
「わっ、冷たい〜」
「あははは。ぼーっとしているからだよ」
「お返しだ! 」
 ぶつけられた王子さまも、雪の玉を作って投げ返します。
 それを見ていたほかの王子さまたちも、一緒になって雪合戦をを始めました。
「それっ」
「わあ、冷たい」
「今度はぼくの番だ。えいっ!」
「ははーん。へたくそ」
 その時、王子さまの投げた雪玉が一つが、月を飛び出してしまったのです。
 月から飛び出した雪は、どんどんどんどん飛んでいって、とうとう地球まで行ってしまいました。
 その様子を、神さまが見ていました。
 神さまは地球に落ちていった美しい雪が、やがてお日さまに溶けて消えてしまうのはもったいないと思い、地球に落ちた雪に長い耳と目と鼻と口、それに四本の足と小さくてかわいい尻尾をつけて生命を吹き込みました。
 神さまに生命をもらった地球の雪は、たちまちぴょんぴょんとはねまわりました。
 神さまは、にっこり笑って言いました。
「そなたの名前はウサギ。ウサギにしよう。ウサギよ、地球で幸せに暮らすのじゃよ」
 こうして、ウサギが生まれたという事です。

おしまい

前のページへ戻る


福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識