福娘童話集 > きょうの日本昔話 福娘童話集 きょうの日本昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
広 告
 


福娘童話集 > 日本昔話 > その他の日本昔話 >いたずらタヌキと木こり

第 29話

いたずらタヌキと木こり

いたずらタヌキと木こり
秋田県の民話秋田県情報

 むかしむかし、ある山奥に木こりの小屋がありました。

 ある晩の事、木こりが寝ていると、
♪カンコン、カンコン
と、木を切る音が聞こえます。
(うん? 今ごろ木を切るはずがない。こりゃ、きっとタヌキのいたずらだな)
 木こりがそう思っていると、今度は、
♪カンコン、カンコン
♪ガリガリ、ドッスン
と、木を切り倒す音がしました。
(ほう、タヌキのいたずらにしてはうまいもんだ。まるで本当に、木を切り倒しているみたいだ)
 そこで木こりは戸を開けると、外に向かって言いました。
「おーい、タヌキ。なかなかうまいぞ」
 さあ、それを聞いてタヌキは大喜びです。
 それからは毎晩のように、
♪カンコン、カンコン
♪ガリガリ、ドッスン
と、音をたてました。
 はじめはおもしろがっていた木こりも、毎晩こううるさくては眠る事が出来ません。
 そこで木こりは、戸を開けてどなりました。
「やい、いいかげんにしろ! 毎晩毎晩うるさくしやがって、ちっとも眠れないじゃないか!」
 ところがタヌキはやめるどころか、ますます調子にのって、今度は木を切り倒す音だけでなく、その木が転がる音まで出すようになりました。
♪カンコン、カンコン
♪ガリガリ、ドッスン
♪ゴロンゴロン、ゴロンゴロン
 次の晩になると、音はますます近くで聞こえるようになり、
♪ゴロンゴロン、ゴロンゴロン
と、小屋をゆすぶるようになりました。
(もう、かんべんできない!)
 ついに木こりは腹を立てて、タヌキをやっつける事にしました。

 その次の晩、木こりはいろりに火をおこすと、山のように炭をつみあげました。
 それから小屋の明かりを消して、戸口のつっかい棒をはずしておきました。
 そのうちに炭はがんがんおこって、いろりがまっ赤になりました。
 木こりが眠ったふりをしていると、やがておもての方から、
♪カンコン、カンコン
♪ガリガリ、ドッスン
♪ゴロンゴロン、ゴロンゴロン
と、いう音が聞こえてきました。
 音はだんだん近づいてきて、小屋をゆさぶりはじめました。
 それでも木こりはがまんして、眠ったふりをしていました。
♪ゴロンゴロン、ゴロンゴロン
 大きな木が、戸にあたるような音がしました。
(今だ!)
 木こりは飛び起きると、ガラリと戸を開けました。
 そのとたん、戸を叩こうとしたタヌキが勢いあまって小屋の中に転がり、そのままいろりの中へ落ちたのです。
「あちあちあちー!」
 タヌキはむちゅうでいろりから飛び出すと、尻尾からけむりを出して逃げていきました。
「ははーん。ざまあみろ!」
 こうして次の晩からは音がしなくなり、木こりは安心して眠る事が出来たのです。

おしまい

前のページへ戻る


福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識