福娘童話集 > きょうの日本昔話 福娘童話集 きょうの日本昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
広 告
 


福娘童話集 > 日本昔話 > その他の日本昔話 >犬が寒がらない理由

第 32話

犬が寒がらないわけ

犬が寒がらない理由
岡山県の民話岡山県情報

おりがみをつくろう ( おりがみくらぶ より)
犬の顔の折り紙いぬのかお   犬の折り紙いぬ

 むかしむかしの大むかし、火なし村という、火のない村がありました。
 この火なし村の南には火を使っている村があって、そこでは火が消えないように一日中たき火をしていました。
 そのたき火のまわりには見張りの男が何人もいて、もしよその村人が火を取りにきたら捕まえて殺してしまうのです。

 さて、火なし村には、とても親思いの娘がいました。
 年を取った両親にあたたかい物を食べさせてやりたいと思い、娘は村人が止めるのも聞かずに犬を連れて南の村に向かいました。
 南の村では山の空き地でたき火をしていて、そのまわりには何人もの見張りの男が立っています。
 娘は岩の後ろに隠れて、しばらく様子を見ていました。
 するとそのうちに、
「ああ、腹が減ったな。そろそろ飯にしよう」
と、見張りの男たちが近くの小屋に入っていきました。
(今だわ!)
 娘は火のついた木の枝を数本つかんで、かけ出しました。
 そしてようやく山の途中まできた時、後ろから男たちの声が聞こえてきました。
「誰かが火を盗んだぞ! 捕まえて殺してしまえ!」
 娘は急ぎましたが、追っ手の声はどんどん近づいてきます。
(もうだめわ。このままでは捕まってしまう)
 その時、一緒に走っていた犬が娘の顔を見て、火のついた枝をくわえさせろと口を開けました。
 娘は火のついた枝を一本、犬の口にくわえさせました。
「お願い、これを父母のところへ届けてね」
 でも犬は娘に早く逃げろと首をふり、そのまま追っ手の方へ走っていきました。
 犬は娘を助けるために、自分がぎせいとなったのです。
「ありがとう」
 娘はお礼を言うと、のこりの火のついた枝を持ったまま山道をかけおりていきました。

 やがて見張りの男たちは、火のついた枝をくわえている犬を見つけました。
「何だ、火を盗んだのは犬か。しかし犬とはいえ、火を盗むものは殺す!」
 男たちは、犬をなぐり殺してしまいました。

 娘は走りに走って、やっと自分の村へたどり着きました。
「これが、火というものか」
「ありがたい、ありがたい。これからはわしらの村でも、火を使えるぞ」
 この時から火なし村でも、火を使った生活が始まったのです。

 さて次の日、娘が山道へもどってみると、そこには殺されて冷たくなっている犬が転がっていました。
「ごめんね、ごめんね」
 娘はその犬を抱きかかえて村へ戻ると、犬のお墓を作りました。
 そして手を合わせながら、神さまにお祈りしました。
「この犬のおかげで、わたしたちの村でも火のある生活が始まりました。どうか神さま、犬の冷たくなったからだを温めてください。そして天国へお送りください」
 するとその願いが神さまに通じたのか、その犬は無事に天国へむかえられた上に、地上にいる全ての犬のからだがポカポカと温かくなり、どんなに寒い日でも平気になったという事です。

おしまい

前のページへ戻る


福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識