福娘童話集 > きょうの日本昔話 福娘童話集 きょうの日本昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
広 告
 


福娘童話集 > 日本昔話 > その他の日本昔話 >ネコがネズミをおうわけ

第 38話

ネコがネズミをおうわけ

ネコがネズミをおうわけ

 むかしむかしの大むかし。
 神さまが、人間や動物や草木をつくったばかりのころです。

 神さまが人間の世界を散歩していると、鬼(おに)が出てきて言いました。
「おい、神。お前は色々な物をつくったが、役立たずが多くあるな。『イバラ』や『アザミ』なんかは、何の役にも立ちやしない。人間どもはトゲがささるといって、それをさけているじゃないか」
 すると神さまが、言い返しました。
「とんでもない。『イバラ』や『アザミ』は、弱い虫たちにとって大切な住みかだ。ちゃんと役に立っておる。それに、お前のような悪者の体をさすためにもな」
「ふん! なにを言うか。こんなちっぽけな物など、痛くもかゆくもないわ」
 鬼は笑いながら、イバラやアザミを足でふみつけました。
「こら、なにをする!」
 怒った神さまは地面の土をこねると、すぐに命を吹き込みました。
「お前をネズミと名付ける。ネズミよ、鬼をこらしめてやれ!」
 すると生まれたばかりのネズミは鬼の口に飛び込んで、鬼の舌をかみ切ったのです。
(くそっ! おぼえていろ!)
 口をきけなくなった鬼は、お腹に入ったネズミを育ててどんどん子どもを生ませると、口からはき出してめいれいしました。
(ネズミよ、お前の仕事はかじる事だ。神の作った物をかたっぱしからかじってしまえ)
 こうしてネズミは、何でもかじる動物になったのです。
(ふん、いい気味だ)
 鬼は面白がって、ネズミをふやしつづけました。
 ネズミがふえて一番こまったのは、人間です。
 せっかく作った食べ物も家も、ネズミがかじってボロボロにしてしまいます。
 人間たちが、神さまにお願いしました。
「神さま、ネズミを退治してください」
「よし、わかった」
 すると神さまは、すぐにネコをつくって言いました。
「お前をネコと名付ける。ネコよ、悪いネズミを食べてしまえ」
 ネコは次々と、ネズミをつかまえ始めました。
 人間は喜んでネコをかわいがり、どんどん子どもを生ませました。
 おかげでネズミの数がへっていき、やがてネズミはネコの姿を見ただけで逃げるようになったのです。

おしまい

前のページへ戻る


福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識