福娘童話集 > きょうの日本昔話 福娘童話集 きょうの日本昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
広 告
 


福娘童話集 > 日本昔話 > その他の日本昔話 >サルの顔はなぜ赤い

第 41話

サルの顔はなぜ赤い

サルの顔はなぜ赤い
岡山県の民話岡山県情報

♪音声配信(html5)
朗読者 : ひろりん

 むかしむかし、ある山に、一匹のサルが住んでいました。
「腹がへったな、何か食べ物はないかな?」
 サルが里へ行くと、おじいさんとおばあさんがおもちをついていました。
「もちをついて神さまにお供えすれば、わしらはもっともっと長生きが出来るぞ」
「そうですね。長生きするのは、良いことです」
 サルは木のかげからもちつきを見ながら、何とかおもちを手に入れる方法はないかと考えました。
 ふと見ると、近くの木の葉にアマガエルがいました。
「おい、アマガエルどん。お前、もちを食いたくはねえか」
 サルが言うと、アマガエルはうなずきました。
「ゲーコ。食いたい、食いたい」
「そうか。それじゃ、わしの言う事をきけよ。もちをたくさん、食わせてやるからな」
「ゲーコ、きく、きくぞ。どうすればいい?」
「簡単じゃ。
 お前は家の裏へ行って、赤ん坊の泣くまねをするんじゃ。
 あのじいさんとばあさんは、前から子どもを欲しがっていた。
 子どもの泣き声を聞くと、すぐに飛んで行くだろう。
 そのすきに、わしがうすごともちをいただいて来るから、後で山分けすればいい」
「ゲーコ。なるほど、なるほど。それなら、赤ん坊の泣き声の、まねをしてくる」
 アマガエルは、ピョンピョンと家の裏へはねていくと、
「ほんぎゃあー、ほんぎゃあー」
と、赤ん坊の泣きまねをはじめました。
 カエルにしては、なかなかに上手です。
「おじいさん。赤ちゃんの泣き声がしますよ」
「本当だ。誰かが、子どもをすてていったのかもしれん」
 おじいさんとおばあさんは、大急ぎで家の裏へ見に行きました。
「しめしめ。うまくいったぞ」
 サルは大喜びで木のかげから飛び出すと、おもちの入ったうすをかついでやぶの中にかくれました。
 そしてやぶの中でつきたての熱いおもちをフーフー言いながら食べていると、アマガエルがやって来て言いました。
「ゲーコ。山分けだ。わしにも、食わしてくれ」
 アマガエルはそう言って、うすに飛び乗りましたが、すぐにサルが手で払いのけました。
「うるさいな、あっちへ行け!」
「ゲーコ。山分けのはず。山分けのはず」
 アマガエルは何度もうすに飛び乗りますが、その度にサルが手で払いのけます。
「あっちへ行け! このもちは、全部おれの物だ」
 サルがブンブンと手を振っていると、その手の先についた熱いおもちがうすから飛び出して、サルの顔にぺたりとはり付いてしまいました。
「わあーっ、あち、あち、あちちちちちち!」
 サルは顔をやけどして、顔がまっ赤になってしまいました。

 その時からだそうです、サルの顔が赤くなったのは。

おしまい

前のページへ戻る


福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識