福娘童話集 > きょうの百物語 福娘童話集 きょうの百物語 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの百物語 > 1月の百物語 > 雪女

1月10日の百物語

雪女
イラスト 「夢宮 愛」  運営サイト 「夢見る小さな部屋」 「ココナラ

雪女 雪女

翻訳者 ソウ キョウ

♪音声配信(html5)
朗読者 : Smile STATION

 むかしむかしの、寒い寒い北国でのお話です。
 这是很久很久以前,非常非常冷的北国的传说。

雪女

 あるところに、茂作(しげさく)とおの吉という、木こりの親子が住んでいました。
 有这么一个地方,住着茂作和己之吉一对以砍柴为生的父子。

雪女

雪女

 この親子、山がすっぽり雪に包まれる頃になると、鉄砲を持って猟に出かけて行くのです。
 这对父子,在大雪封山的时候,就会带上猎枪出去打猎。

雪女

 ある日の事、親子はいつもの様に雪山へ入って行きましたが、
 有一天,他们像往常一样走进雪山,

雪女

 いつの間にか空は黒雲におおわれて、吹雪(ふぶき)となりました。
 顷刻之间黑云密布,暴风雪袭来。

雪女

 二人は何とか、木こり小屋を見つけました。
 他们两个好不容易找到了一间小木屋。

「今夜はここで泊まるより、仕方あるめえ」
“今晚上除了在这里过夜,也没什么好办法了。”

「うんだなあ」
“的确如此啊。”

雪女

 チロチロと燃えるいろりの火にあたりながら、二人は昼間の疲れからか、すぐに眠り込んでしまいました。
 围炉里的火烧得旺旺的,这二人也消解了白天的疲劳,很快就睡沉了。

雪女

 風の勢いで戸がガタンと開き、雪が舞い込んできます。
 大风吹得门咔嗒一声敞开了,风雪飞舞了进来。

雪女

 そして、いろりの火が、フッと消えました。
 接着,围炉里的火也一瞬间被扑灭了。

雪女

「う~、寒い」
“啊~好冷!”

雪女

 あまりの寒さに目を覚ましたおの吉は、その時、人影を見たのです。
 就在这时,被冻醒的己之吉看到了一个人影。

「誰じゃ? そこにおるのは?」
“你是谁?为什么会在这里?”

雪女

 そこに姿を現したのは、若く美しい女の人でした。
 出现在那里的,是一名又年轻又美丽的女子。

雪女

「雪女!」
“雪女!”

 雪女は、ねむっている茂作のそばに立つと、口から白い息を吐きました。
 雪女站在还在沉睡的茂作旁边,口中吐出白色的气息。

雪女

 茂作の顔に白い息がかかると、茂作の体はだんだんと白く変わっていきます。
 茂作的脸一接触到那些白色的气息,整个身体都逐渐发白了。

雪女

 そしてねむったまま、しずかに息をひきとってしまいました。
 然后雪女不出声响的吸干了茂作的生气。

雪女

 雪女は、今度はおの吉の方へと近づいてきます。
 雪女又朝着己之吉这边来了。

雪女

「たっ、助けてくれー!」
“救、救命啊!”

 必死で逃げようとするおの吉に、なぜか雪女はやさしく言いました。
 雪女对着拼命想要逃跑的己之吉温柔地说——

雪女

「そなたはまだ若々しく、命が輝いています。
“你还这么年轻,整个人都散发着生机勃勃的光芒。

 望み通り、助けてあげましょう。
 那我就如你所愿,饶你一命。

 でも、今夜の事を、もしも誰かに話したら、その時は、そなたの美しい命は終わってしまいましょう」
 但是,今晚上的事你不能与任何人说起,你要是敢说,命就没了。”

 そう言うと雪女は、降りしきる雪の中に、吸い込まれる様に消えてしまいました。
 雪女说完,像是被暴风雪吸走了一样消失了。

 おの吉は、そのまま気を失ってしまいました。
 己之吉也昏了过去。

雪女

 やがて朝になり、目が覚めたおの吉は、父の茂作が凍え死んでいるのを見つけたのです。
 不久天亮了,醒来后己之吉发现父亲茂作已经被冻死了。

 それから、一年がたちました。
 那之后,过了一年。

雪女

 ある大雨の日。
 大雨滂沱的一天。

雪女

 おの吉の家の前に、一人の女の人が立っていました。
 己之吉家门口有一位女子站在那里。

雪女

「雨で、困っておいでじゃろう」
“这么大的雨,淋坏了吧。”

 気立てのいいおの吉は、女の人を家に入れてやりました。
 有礼貌的己之吉将女子让进了家。

雪女

 女の人は、お雪という名でした。
 这名女子名叫小雪。

雪女

 おの吉とお雪は夫婦になり、可愛い子どもにもめぐまれて、それはそれは幸せでした。
 己之吉与小雪结为夫妻,生下两个可爱的小孩,非常幸福。

雪女

 けれど、ちょっと心配なのは、暑い日差しを受けると、お雪はフラフラと倒れてしまうのです。
 令人担心的是,小雪只要被大太阳一晒就会晃晃悠悠地晕倒。

雪女

 でも、やさしいおの吉は、そんなお雪をしっかり助けて仲良く暮らしていました。
 不过,温柔的己之吉,每次都会体贴地照顾小雪,因此生活还是非常美满。

雪女

 そんなある日、針仕事をしているお雪の横顔を見て、
 有一天,看着在做针线活的小雪的侧脸,

雪女

 おの吉は、ふっと遠い日の事を思い出したのです。
 己之吉突然回想起很久以前的事。

雪女

「のう、お雪。
“哎,小雪。

 わしは以前に、お前の様に美しいおなごを見た事がある。
 我以前也见过一个与你一样美丽的姑娘。

 お前と、そっくりじゃった。
 跟你长得简直一模一样。

 山で、吹雪にあっての。
 就是在大山里遭遇到暴风雪那回。

 その時じゃ、あれは確か、雪女」
 那时候遇到的那个人应该就是雪女。“

雪女

 すると突然、お雪が悲しそうに言いました。
 紧接着,小雪十分悲伤地说道——

雪女

「あなた、とうとう話してしまったのね。あれほど、約束したのに」
“你啊,还是把一切都说出来了。明明当时都约定好了的。

「どうしたんだ、お雪!」
“怎么了小雪!”

 お雪の着物は、いつの間にか白く変わっています。
 小雪的衣服瞬间变成了白色。

 雪女であるお雪は、あの夜の事を話されてしまったので、もう人間でいる事が出来ないのです。
 小雪就是雪女,那天晚上的事情被己之吉说了出来,所以她再也不能以人类的身份生活了。

雪女

「あなたの事は、いつまでも忘れません。
“我一辈子也不会忘记你的。”

 とても、幸せでした。
 这一段时间真的是很幸福。

雪女

 子どもを、お願いしますよ。
 我们的孩子,就拜托你照顾了。

 では、さようなら」
 那么,永别了。”

雪女

 その時、戸がバタンと開いて、冷たい風が吹き込んできました。
 就在那时,房门哐地一声打开,寒冷的风灌了进来。

雪女

 そして、お雪の姿は消えたのです。
 然后,小雪就消失不见了。

おしまい

前のページへ戻る

年賀状
クリスマスカード2012
イラストをクリックすると、印刷用画像(2960×2000)が表示されます。

     1月10日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
明太子の日
きょうの誕生花
アナナス(Ananas)
きょうの誕生日・出来事
1965年 田中裕二(漫才師)
恋の誕生日占い
人のフォローやアドバイスが上手
なぞなぞ小学校
毎日きるけど、切れない物は?
あこがれの職業紹介
バリスタ
恋の魔法とおまじない 010
授業で、先生に当てられない呪文
  1月10日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
若様は一人
きょうの世界昔話
カイコになったお姫さま
きょうの日本民話
ネコのおけさ節
きょうのイソップ童話
ライオンとロバ
きょうの江戸小話
なぞなぞ
きょうの百物語
雪女
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識