福娘童話集 > きょうの江戸小話 福娘童話集 きょうの小話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > 江戸小話 > その他の江戸小話 >故郷に錦をかざる

第 4話

故郷(こきょう)に錦(にしき)をかざる

故郷(こきょう)に錦(にしき)をかざる

♪おはなしをよんでもらう(html5)
朗読 : 青のぷよの世界♪

 何年ぶりかで故郷に帰ることになったこじき(→詳細)が、大きな花のもようのついた新しいござをかぶって、旅立とうとしておりました。
 そこに、友だちのこじきがやって来ました。
「おいおい、そんなよそ行きのかっこうをして、どこにいくのだね?」
と、声をかけるので、
「久しぶりで、いなかに帰るのさ」
と、言うと、友だちのこじきが、
「そんな、うすっぺらなござ一まいでは寒かろうよ。おれの着ているこの、こも(わらであんだぶ厚いむしろ)をせんべつにやるから着ていきな」
と、いいながら、着ているこもをぬごうとしました。
 すると、旅に出るこじきは、声を強めて、
「じょうだんじゃあない! そんなうすよごれたこもなどをかぶって帰ったんでは、故郷に錦をかざること(成功して故郷に帰ること)には、なりゃあしないさ」
 花のもようのついた、新しいござをかぶっても、故郷に錦をかざるとは、とうてい、いえないと思いますがね。

♪ちゃんちゃん
(おしまい)

前のページへ戻る


福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識