福娘童話集 > きょうの江戸小話 福娘童話集 きょうの小話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
広 告
 


福娘童話集 > 江戸小話 > その他の江戸小話 >お祭りが、うんこ

第 8話

お祭りが、うんこ

お祭りが、うんこ

♪おはなしをよんでもらう(html5)
朗読 : 青のぷよの世界♪

 むかし、江戸のお祭りといえば、町人たちが、よく、武者(むしゃ)すがたでねりあるいたものでした。
 それがまた、子どもたちには、たいヘん人気があったものでございます。
 さて、ある長屋に、浪人(ろうにん→お城ではたらいていない武士 →詳細)が住んでおりました。
 まじめな男でしたが、長い間の浪人生活。
 これという収入もないので、身のまわりのものを、つぎつぎと売っては、やっと、おかゆをすすっておりました。
 ところが、もう、今日という今日は、なにもかも売りつくして、先祖(せんぞ)からつたわった、よろいかぶとのほかには、着るものもなくなってしまいました。
 はだかで外へ出ることもできませんので、じっと、家にひっこんでおりましたが、そのうち、便所(べんじょ→トイレ)ヘ行きたくなりました。
 いくら長屋の共同便所とはいえ、武士の面目にもかかわりますので、はだかでいくわけにはまいりません。
 じっと、出たいのをこらえておりましたが、もう、どうにもがまんができなくなりました。
 浪人は、ちょっと考えておりましたが、
「うん、そうだ」
と、立ちあがると、とっておきのよろいをきて外ヘでました。
 長屋の便所で用をたしておりますと、おもてで遊んでいた子どもがひとり、走りこんできて、
 ガラッ
と、いきなり便所の戸をあけました。
が、あわててしめると、
「おーい、おーい。みんな、おいでよ。はやく、はやく。お祭りが、うんこをしてらあ」
と、長屋じゅうをふれ歩いたと、いうことでございます。

おしまい

前のページへ戻る


福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識