福娘童話集 > きょうの江戸小話 福娘童話集 きょうの小話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > 江戸小話 > その他の江戸小話 >念仏坂(ねんぶつざか)

第 10話

念仏坂(ねんぶつざか)

念仏坂(ねんぶつざか)

♪おはなしをよんでもらう(html5)
朗読 : 青のぷよの世界♪

 むかしむかし、ある峠道(とうげみち)に、とてもけわしい坂がありました。
「なむあみだーぶ。なむあみだーぶ」
 みんなが念仏を唱えながら登るので、念仏坂と呼ばれていました。

 ある日の事、一人の男が車にたくさん炭俵(すみだわら)を積んで、この坂を登って行きました。
「なむあみだーぶ、うんとこしょ。なむあみだーぶ、うんとこしょ」
 足をふんばり、両腕に力を込めて引いていましたが、坂の途中まで来ると、車が重たくて重たくて、どうにも動きません。
「何のこれしき、なむあみだーぶ、うんとこしょ」
 念仏を大きく唱え、力一杯引っ張りますが、車は坂を上がるどころか、下手をするとずり落ちてしまいます。
 いまはもう、汗だくになって、押さえているのがやっとです。
 すると、ちょうどそこヘ、旅の坊さんが、坂の上から下って来ました。
「これは難儀な事じゃろう。待て、待て。ちと、頭を貸そう」
 坊さんは、くまざさをかきわけて、林の中ヘと入って行きました。
(なんだ? 力を貸そうというのならわかるが、頭を貸そうとは、妙な事をいう坊さんじゃ)
 男はそう思いながらも車を押さえて待っていると、坊さんは、長い藤(ふじ→マメ科フジ属)づるを両手にかかえて、くまざさの中から出てきました。
 そしてさっそく、車のかじ棒に藤づるの一方を巻き付けて、しっかりと結ぶと、
「あの坂の上の松の木まで行ってくるから、もうちょっとのがまんじゃ」
と、坊さんは、残った藤づるをたぐりよせて、坂を登っていきました。
(変な事をするわい)
 そう思っていると、坊さんは坂の上の太い松の木をぐるりと回ると。
「そら、いくぞ。力一杯車を引きなされ」
 坊さんは、自分の体に藤づるをぐるぐる巻きにして、
「なむあみだーぶ、うんとこしょ」
と、降りてきました。
 それに合わせて男は、
「なむあみだーぶ、うんとこしょ」
と、車を引き上げます。
 坊さんが、体に藤づるを巻き付けたまま下りて来ます。
 男が上へ引き上げます。
 二人は途中ですれ違いましたが、何も言わずに、
「なむあみだーぶ、うんとこしょ」
「なむあみだーぶ、うんとこしょ」
 二人の声が一つになって、山にこだましました。
「なむあみだーぶ、うんとこしょ」
「なむあみだーぶ、うんとこしょ」
「なむあみだーぶ、うんとこしょ」
 そのうちに車は見事に坂を上がりきって、太い松の木のところまで着きました。
(やれやれ、これで大丈夫)
 男は振り向いて、坊さんに手を振りました。
 すると坂の下でも、坊さんが手を振っていました。

おしまい

前のページへ戻る


福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識