福娘童話集 > きょうの江戸小話 福娘童話集 きょうの小話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > 江戸小話 > その他の江戸小話 >ざると、たまごと、だるま

第 15話

ざると、たまごと、だるま

ざると、たまごと、だるま

♪おはなしをよんでもらう(html5)
朗読 : 青のぷよの世界♪

 あるときのこと、ざると、たまごと、だるまが、顔をあわせました。
「よう、久しぶり。どうだ、ひと風呂あびて、さっぱりしてこようか」
「それがいい、それがいい」
 そこで三人はそろって、お風呂屋へでかけました。
 お風呂屋はもう戸を開けていましたが、番台にはだれもいません。
 三人はのんびりと、ゆっくりお風呂に入りました。
「ああ、いいお風呂だった」
 三人が出ようとすると、いつのまにか番台に、お風呂屋のおかみさんがすわっています。
 お金を、払わなくてはなりません。
 ところが三人とも、一文なしです。
 そこで、
「おあし(→お金)を払わないで、ここから出してもらうには、どうしたらよかろう?」
と、相談をしました。
「そうだな。ごにょごにょ、ごにょごにょ。・・・よし、それでいこう」
 相談がきまると、まず始めにざるが、
「おら、ざっと入っただけだから、今日のところは、ただにしてくれや」
と、番台のおかみさんに言って、さっさと出ていきました。
 たまごはたまごで、
「おら、たまたま入っただけだから、今日のところは、ただにしてくれや」
と、さっさと出ていきました。
 お風呂屋のおかみさんが、あとにのこっただるまから三人分のお金をもらおうとすると、
♪だるまに、おあしが、あるものか、ホイ
♪だるまに、おあしが、あるものか、ホイ
と、だるまは、おどりだしました。
 それがおかしくておかみさんが大笑いすると、だるまはおどりながら、そのまま出ていきました。

おしまい

前のページへ戻る


福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識