福娘童話集 > きょうの世界昔話 福娘童話集 きょうの世界の名作・昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
広 告
 


福娘童話集 > きょうの世界昔話 > その他の世界昔話 >6人の男が世界をあるきまわる

第89話

6人の男が世界をあるきまわる

六人の男が世界をあるきまわる
グリム童話 → グリム童話の詳細

 むかしむかし、あるところに、ひとりの男がいました。
 その男は強くて勇敢(ゆうかん)で、兵士として大かつやくしたのですが、戦争が終わると、あっという間にクビになってしまいました。
 男に残ったのは、わずかなお金だけです。
 男はわずかなお金をにぎりしめると、決心しました。
「今に見ていろ。家来(けらい)をあつめて、王に国中の宝物を出させてみせる」
 男が旅に出ると、大きな木を六本もかかえている男に出会いました。
 ものすごい力持ちです。
(すごい男だ。よし、さいしょの家来はあいつだ)
 男はさっそく声をかけました。
「やあ、おれの家来になって旅をしないか。かならず、いい目を見させてやるぜ」
「いいだろう」
 力持ちの男が家来になりました。
 またしばらく行くと、銃を構えて何かをねらっている狩人(かりうど)に出会いました。
「おい、そこで何をしているんだい?」
「二マイル(約3.2キロメートル)先にある木に止まった、ハエの左の目をねらっているのだ」
 男は、この目の良い狩人も家来にしました。
 次に出会ったのは、七つの風車(ふうしゃ)を鼻息で回す男でした。
 この男も、家来になりました。
 その次は、一本足で立っている男に出会いました。
 何でも足が速すぎて、足をひとつはずしておかないと、鳥が飛ぶよりも速く走ってしまうのだそうです。
 これで家来は、四人になりました。
 最後に会ったのは、小さなボウシをななめにかぶり、片耳をかくしている男でした。
「どうして、片耳をかくしているんだい?」
 たずねると、
「おれがボウシをはずしたら、ばかみたいに寒くなって、飛ぶ鳥すらおちてしまうんだよ」
 彼は、五人目の家来になりました。
 これで一行は六人です。
 男は大喜びでいいました。
「この六人がそろえば、世界中をまたにかけられるぜ」
 さて、都にたどりつくと、王さまのおふれがありました。
《王女と競走(きょうそう)をして勝った者を、王女のむこにする》
と、いうものです。
 ただし王女に負ければ、命をとられると書いています。
「競争ならまかせてくれ」
 そう言ったのは、あの「一本足男」です。
 一行は、さっそく王さまのもとへ出かけました。
 ルールはかんたんです。
 遠くにある泉の水を、王女よりも先にくんで帰ればいいのです。
 王女と一本足男はそれぞれ空の入れ物を手に持つと、王さまのかけ声を合図にスタートしました。
 ビューーーーン!
 一本足男は一本足のままで、あっというまに泉の水をくんでしまいました。
 王女は、まだスタートしたばかりです。
「かるいかるい、この勝負、楽勝だな」
 水をくんでの帰り道、一本足男はウマの頭蓋骨(ずがいこつ)を見つけると、それをまくらに昼寝を始めました。
 さて、王女も競争するだけあってかなり足が速く、すぐに水をくみおえると、昼寝をしている男においつきました。
 そして、男のくんだ水の入れ物をひっくり返して、男の水をすててしまったのです。
 王女はニッコリ笑っていいました。
「これで、勝負はこっちの勝ちね」
 そのようすを見ていたのが、目の良い狩人です。
「これはまずいな。そろそろあいつを起こさないと」
 狩人は自慢の鉄砲で、昼寝をしている男のウマの頭蓋骨のまくらをうちこわしました。
「あれ?」
 ようやく目をさました男は、ふと、自分の水の入れ物を見ました。
「ああっ、水がカラッポだ! これは本気を出さないと」
 一本足男は、はずしていた足を取り付けると、さっきよりも数倍速い足で水をくみなおし、よゆうで王女を追いぬいて帰ってきました。
 この結果に、王さまがはビックリ。
「ぬぬっ、まさか、王女が負けるとは・・・」
 そして王さまは、彼らをワナにはめることにしました。
「食事の用意ができているから、ゆっくりするといい」
 そういって、かべが鉄でできている部屋に閉じこめたのです。
 おまけに、外から火をたいて、全員を焼き殺そうとしたのでした。
 そのことに気ついた一行は、大いにあわてました。
「あの王さま、おれたちをだましやがったな!」
「それにしてもあつい、あちちち、助けてくれー!」
 しかし、余裕の表情で鼻歌を歌っているう男がひとりいます。
 あの、ななめにボウシをかぶった男でした。
「ここはおれにまかせな」
 ボウシ男がボウシをまっすぐにかぶりなおすと、今まで熱かった部屋が急に寒くなりました。
 さて、こちらは部屋の外にいる王さま。
「さあ、もうそろそろいいだろう。焼け死んだやつらを出してしまえ」
 王さまの命令に家来が鉄の部屋を開けると、彼らはふるえながら出てきました。
「ああ、寒かった。中は寒すぎるから、ここで暖まらせてくれ」
 これには、王さまもかんねんしました。
「しかたない、王女はやれんが、そのかわり、両手にもてるだけの金を持って帰れ」
 その言葉に、力持ち男がニンマリ笑いました。
「それでは王さま。両手にもてるだけの金をもらってかえります」
 なんと彼は、両手に国中の金を抱きかかえてしまったのです。
 さすがに王さまも、これにはおこりました。
「すぐに兵隊を集めろ! この者たちを殺してしまえ!」
 王さまの命令に、何百人ものの兵隊があつまりましたが、ここでかつやくしたのが、風車を鼻息で回す鼻息男。
 鼻息男は、おそってきた何百人もの兵士たちを、たつまきのような鼻息でどこかへふき飛ばしてしまったのです。
 一人残された王さまに、リーダーの男がいいました。
「王さま。まだ、なにか手はありますかな?」
 王さまは首を横にふると、ガックリと肩を落としていいました。
「わしの負けだ。その金を持ってどこかへいってくれ」
 こうして大金を手に入れた六人の男たちは、世界中をぼうけんしながら、面白おかしくくらしたそうです。

おしまい

前のページへ戻る


福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識