アニメ紙芝居  アニメ 紙芝居 福娘童話集
 


福娘童話集 > 絵本紙芝居(アニメかみしばい) 竹の子のおとむらい

竹の子のおとむらい



竹の子のおとむらい
一休さんのとんち話 → 一休さんについて

イラスト版  えほん版

 むかしむかし、一休さん(いっきゅうさん)と言う、とんちで評判の小僧さんがいました。
 一休さんのお寺の竹やぶの隣にはお屋敷があり、最近、お侍が引っ越してきました。

 ある日の事、一休さんが庭そうじをしていると、隣の侍が竹の子の皮をザルに入れてきて、こう言ったのです。
「こやつらは、わしの屋敷にあいさつもなしに生えてきよった。
 武士の屋敷に勝手に入るとは、まこと無礼な奴。
 よってこのわしが、刀にかけてやった。
 無礼者の体は、このわしがとむらってやる。
 だから残った着物は、お前のところに返してやろう」
 それを聞いて一休さんは、腹を立てました。
(お寺の竹の子をひとりじめして、いらない皮だけ持って来るなんて! ようし、みていろ)

 一休さんがお侍の屋敷に行くと、ちょうど竹の子がゆであがるところでした。
 一休さんは、ぺこりと頭を下げて、侍のところへ行くと言いました。
「お侍さま。
 たとえ竹の子であっても、命ある物はお経をあげてとむらってやらねばなりません。
 ですから、この竹の子の体を、お寺に持って帰りますね」
「なぬっ?」
「それともお侍さまが、竹の子の為にお経をあげてくださいますか?」
「いや、それは・・・」
 お侍はお経の言葉を知らないので、仕方なくゆであがった竹の子を一休さんに差し出して言いました。
「わかった。持って帰るがよい。
 ・・・そうか、お前があの一休だな」

 こうしてゆでた竹の子を手に入れた一休さんは、お寺で簡単なお経をあげると、あとはみんなでおいしく食べたのでした。

おしまい

前のページへ戻る

福娘の姉妹サイト

http://hukumusume.com

366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
日本や世界の昔話を掲載
朗読やぬりえなど
女の子応援サイト さくら
誕生日占い・女の子のお仕事など
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診