アニメ紙芝居  アニメ 紙芝居 福娘童話集
 

福娘童話集 > 絵本紙芝居(アニメかみしばい) 犬飼い七夕(4kHD)

犬飼い七夕(4kHD)
アニメサイズ Max 2880×2160 youtubeの設定で変更可能
再生環境に合わせて、最適な画質でお楽しみ下さい。




犬飼い七夕(4kHD)

イラスト版   えほん版

 むかしむかし、あるところに、一人の犬飼いがいました。
 犬飼いとは、狩りで使う猟犬を育てる仕事です。

 ある日の事、犬飼いがお気に入りの犬を連れて池のそばを通ると、犬が急に吠え出したのです。
「こら、いったいどうした? ・・・あっ!」
 見ると、美しい娘が池で水浴びをしているではありませんか。
「こんな美しい娘、今まで見たことがない。
 あれはきっと、うわさに聞いた天女(てんにょ)だな。
 天女なら、きっとどこかに羽衣(はごろも)を脱いでいるはず」
 犬飼いは、犬に命じました。
「早く、あの天女の羽衣を探し出せ」

 さて、しばらくして天女が池からあがってきましたが、どうした事か大切な羽衣がどこにも見当たりません。
 犬飼いが、羽衣を隠してしまったからです。
 羽衣がなければ、天女は天へ戻れません。
「どうしよう・・・」
 天女が困っていると、犬飼いが現れて言いました。
「お困りの様だが、どうしました?」
「はい、実は・・・」
 天女が事情を話すと、犬飼いが言いました。
「それなら羽衣が見つかるまで、わしの家にいればいい」
 こうなれば、仕方ありません。
 行くところのない天女は、犬飼いの家に行きました。
 そして、犬飼いのお嫁さんになったのです。

 二人が仲良く暮らして、数年がたちました。
 ところがある日、嫁になった天女が隠してあった羽衣を見つけてしまったのです。
「ひどい! あんまりだわ!」
 天女はすぐに羽衣を身につけると、空高く舞い上がって行きました。
 それに気づいた犬飼いは、
「待っておくれ! 行かないでおくれ!」
と、声を張り上げましたが、天女はそのまま空の向こうへ消えてしまいました。

 お嫁さんの天女がいなくなってから、犬飼いは毎日毎日、天女の事を考えていました。
「どうすれば、妻を連れ戻せるだろうか? どうすれば・・・」
 そこで犬飼いは、占い師のおばあさんのところへ相談に行きました。
 すると占い師は、こう言いました。
「連れ戻す事は出来ないよ。だが、お前の方から訪ねて行けばいい」
「訪ねて行けと言っても、どうやって天に行けば良いのだ?」
「それは簡単さ。
 天女の所へ行くには、一晩で百足のわらじを作れば良い。
 その百足のわらじを土に埋めて、その上にヘチマの種をまいてごらん」
 それを聞いた犬飼いは、さっそく家に帰るとわらじを作り始めました。
(妻よ、待っていろよ。必ず迎えに行くからな)
 百足のわらじを作る事は、とても大変な事です。
 犬飼いは休む事なく、わらじを作り続けました。
 でも夜が明けた時には、九十九足しか出来上がっていませんでした。
「九十九足しかないが、百足とは、あまり変わるまい」
 そして占い師の言葉通りに、わらじを土に埋めてヘチマの種をまくとどうでしょう。
 ヘチマのつるがドンドンドンドン伸びて、今にも天に届きそうになりました。
「よし、お前も付いて来い」
 犬飼いは犬と一緒に、ヘチマのつるを登って行きました。
「もう少しだ。もう少しで妻に会えるぞ」
 けれど、もう少しで天に届くところで、ヘチマのつるは伸びるのを止めてしまったのです。
「何という事だ。わらじが一足、たりないばかりに!」
 犬飼いがくやしがっていると、後から付いて来た犬が犬飼いの頭をピョンと飛び越えて、天へ飛び上がったのです。
 そして犬は、犬飼いにお尻を向けると、
「それ、だんなさま」
と、長い尻尾をたらしてくれました。
「ありがたい」
 犬飼いは犬の尻尾をつかむと、何とか天にたどり着きました。

 その後、犬飼いは彦星に、お嫁さんの天女は織姫になったという事です。

おしまい

前のページへ戻る

福娘の姉妹サイト

http://hukumusume.com

366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
日本や世界の昔話を掲載
朗読やぬりえなど
女の子応援サイト さくら
誕生日占い・女の子のお仕事など
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診