アニメ紙芝居  アニメ 紙芝居 福娘童話集
 

福娘童話集 > 絵本紙芝居(アニメかみしばい) ネズミの名作

ネズミの名作
アニメサイズ Max 1440×1080 youtubeの設定で変更可能



ネズミの名作
吉四六さんのとんち話

イラスト版 えほん版

おりがみをつくろう ( おりがみくらぶ より)
鼠の顔の折り紙ねずみのかお   鼠の折り紙ねずみ

 むかしむかし、吉四六さんと言う、とてもゆかいな人がいました。

 この吉四六さんの村の庄屋(しょうや)さんときたら、大がつくほどの骨董(こっとう→価値のある古い美術品)好きです。
 古くて珍しい物は、どんな物でも集めて、人が来ると見せては自慢していました。

 ある日の夕方。
 吉四六さんが、庄屋さんの家へ来ると、
「おう、吉四六さんか。良い所へ来てくれた。お前に見せたい物がある」
「また、骨董ですか?」
「まあ、そんな顔をせんと、とにかく見てくれ。
 なにぶんにも、天下に二つとない立派な品じゃ」
 そう言って庄屋さんは床の間から、いかにも得意そうに黒光りのする小さな彫り物を持って来ました。
「庄屋さん。これはネズミの彫り物ですね」
「さよう。生きておって、今にもそこらを走りそうじゃろう。
 見事なもんじゃ、左甚五郎(ひだりじんごろう)はだしといわにゃなるまい。
 こんな名作を持っておる者は、日本広しといえど、わし一人じゃろう。ワッハハハハ」
 庄屋さんが、あんまり自慢するので、吉四六さんはつい、
「庄屋さん。実は、こんなネズミの彫り物なら、わたしの家にも名人の彫った物があります。
 その方が、ずっと良く出来ております」
と、言いました。
 庄屋さんは自慢の鼻をへし折られたので、すっかり機嫌を悪くして、
「お前なんぞの家に、そんな立派な物があってたまるかい!」
「いいえ、ありますとも。ちゃんとあります」
 吉四六さんも、こうなったら負けてはいません。
「わたしのは先祖代々の宝で、天下の名作です。
 庄屋さんのこんなネズミなんか、話になりません」
「なんじゃと!
 お前の家などに、そんな物があってたまるか!
 もしあるなら、わしに見せてみい。
 ここヘ持ってきて、見せてみい!」
「はーい、明日持って来ますよ」
「きっとだぞ!」
「ええ、きっと持って来ますとも」
 吉四六さんは家に帰りましたが、吉四六さんの家にはそんなネズミの彫り物などありません。
「これは、ちょいと困ったな。えーと、どうしようか。
 ・・・待てよ。うん、そうそう。これはうまくいきそうだ」

 ニヤリと笑った吉四六さんは奥の部屋に入ると、障子(しょうじ)を閉めきって、何かをコツコツ刻み始めました。
 実は自分で、ネズミの名作を作ろうというのです。
 夜通しかかって、朝日が部屋に差し込んできた頃、ようやく完成しました。
「出来た!
 これで、庄屋さんを負かす事が出来るぞ」
 吉四六さんは刻み上げたネズミを風呂敷に包むと、庄屋さんの家まで走って行きました。

「おはようございます、庄屋さん。これが昨日話した、わたしの家の宝物です。名作です」
と、風呂敷から、いかにも大事そうに彫り物を取り出して、
「どうです。このネズミこそ、本物そっくりでしょう」
と、一晩かかって彫り上げたネズミを、庄屋さんの前に差し出しました。

「・・・? ぶぶぶーっ!」
 庄屋さんは、思わず吹き出しました。
「何を笑いなさる。
 このネズミに比べたら、庄屋さんのネズミなんぞは、恥ずかしゅうてそばヘも寄れません。
 はよう持って来て、比べてごらんなされ」
「何じゃと!」
 庄屋さんは、さっそく自分のネズミを持って来ました。
 比べてみるまでもありません。
 吉四六さんのネズミは、素人の一夜作り。
 庄屋さんのネズミは、名人の作品です。
 それでも吉四六さんは、自分のネズミの方が素晴らしいと褒めちぎりました。
「えーい。お前といくら言い合っても、話にならん。
 和尚(おしょう→)さんにでも、立ち会ってもらおう」
と、言うので、吉四六さんは、
「よろしい。立ち会ってもらいましょう。だけど、ちょっと待って下さいよ。
 ネズミを見分けるのなら、寺まで行かずとも、ほれ、そこにおるネコの方がよろしかろう」
「ネコ・・・?
 なるほど。では、ネコの飛びついた方が勝ちじゃ」
「はい。では、もしわたしの方に飛びついたら、庄屋さんのネズミは頂きますよ」
「おお、いいとも、いいとも」
と、言うわけで、二人のネズミを床の間に並べてネコを連れて来ると、これはビックリ。
 ネコはいちもくさんに、吉四六さんのネズミに飛びつきます。
「あっ!」
 庄屋さんが、ビックリするひまもありません。
 ネコはネズミをくわえたまま、素早く庭へ飛び降りて、どこかへ行ってしまいました。
「吉四六の勝ちじゃ!
 庄屋さん、約束通りこのネズミはいただきますよ」
 吉四六さんは床の間に残った庄屋さんのネズミをつかむと、家ヘ帰りました。
 そして、庄屋さんのネズミをつくづくとながめて、
「なるほど。こりゃ立派な彫り物じゃ。おかげで、家にも宝物が出来たわい」

 実は吉四六さんが一晩かかって作ったネズミは、ネコの大好物のカツオブシで作ったネズミだったのです。

おしまい

前のページへ戻る

福娘の姉妹サイト

http://hukumusume.com

366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
日本や世界の昔話を掲載
朗読やぬりえなど
女の子応援サイト さくら
誕生日占い・女の子のお仕事など
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診