アニメ紙芝居  アニメ 紙芝居 福娘童話集
 


福娘童話集 > 絵本紙芝居(アニメかみしばい) 鼻たれ小僧

鼻たれ小僧

アニメサイズ Max 3840×2160 字幕「日本語」「英語」 (youtubeの設定で変更可能)

イラスト 「みずしま薫」

鼻たれ小僧

イラスト版

 むかしむかし、たきぎを売って暮らしているおじいさんがいました。

 ある日の事、おじいさんはたくさんのたきぎを背負って町に行くと、
「たきぎ。たきぎ。たきぎは、いらんかのう」
と、一日中大声をあげて売り歩きましたが、たきぎは少しも売れませんでした。
 おじいさんは疲れはてて、橋の上に座りこみました。
 もう家まで、たきぎを持って帰る力もありません。
「売れない物なら、せめて川の神さまに差し上げよう」
 おじいさんはたきぎを一束ずつつかんで、川へ落としました。
「川の神さま。つまらぬ物ですが、受け取ってくだされ」
 そして全てのたきぎを川へ投げ込んだおじいさんは、とぼとぼ家に帰ろうとしました。
 するとその時、川の中から小さな子どもを抱いた美しい女の人が現れたのです。
「わたしは、川の神さまの使いです。川の神さまは、たきぎをいただいて大変お喜びです。お礼に、この子を差し上げましょう」
 それを聞いておじいさんは、あわてて手を振りました。
「いや、貧乏なわしに、子どもを育てる事なんて」
「大丈夫です。この子は鼻たれ小僧と言って、欲しい物を頼めば何でも出してくれます」
「本当ですか?」
「そのかわり、毎日エビを食べさせてください。いいですか、毎日ですよ」
 女の人はそう言って、鼻たれ小僧を置いて消えました。

 おじいさんは鼻たれ小僧を家へ連れて帰ると、神だなの横に置いて大切に育てました。
 女の人が言った事は、うそではありませんでした。
「鼻たれ小僧よ、お米がほしい」
と、言えば、鼻たれ小僧は鼻をかむ時のように『チンチーン』と音をたてて、あっという間にお米を出してくれるのです。
「鼻たれ小僧よ、お金がほしい」
「チンチーン」
「鼻たれ小僧よ、新しい家がほしい」
「チンチーン」
「鼻たれ小僧よ、大きな蔵(くら)がほしい」
「チンチーン」

 おじいさんが頼めば何でも出してくれるので、やがておじいさんは村一番の大金持ちになりました。
 大金持ちなので、山へたきぎを取りに行く必要はありません。
 ただ毎日、町へ行って鼻たれ小僧に食ベさせるエビを買うだけです。
 でもそのうちに、おじいさんはエビを買うのがめんどうになってきました。

 ある日、おじいさんは鼻たれ小僧に言いました。
「もう頼む事がなくなったから、川の神さまの所へ帰っておくれ」
 すると、どうでしょう。
 ズーズーと、鼻をすするような音がしたかと思うと、立派な家も蔵も何もかもが消えてしまったのです。
 あとには、むかしのままのみすぼらしい家が残りました。
「じゃあ、さよなら」
 鼻たれ小僧はそう言うと、川の方へ歩いていきました。

「まっ、待っておくれ、鼻たれ小僧」
 おじいさんはあわてて後を追いかけましたが、もうどこにも鼻たれ小僧の姿はありませんでした。

おしまい

前のページへ戻る

福娘の姉妹サイト

http://hukumusume.com

366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
日本や世界の昔話を掲載
朗読やぬりえなど
女の子応援サイト さくら
誕生日占い・女の子のお仕事など
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診