アニメ紙芝居  アニメ 紙芝居 福娘童話集
 

福娘童話集 > 絵本紙芝居(アニメかみしばい) ともかづき

ともかづき(4k HD)
アニメサイズ Max 2880×2160 youtubeの設定で変更可能
再生環境に合わせて、最適な画質でお楽しみ下さい。




ともかづき
百物語

朗読:横島小次郎 編

三重県の民話三重県情報

イラスト版  えほん版

 むかしむかし、伊勢の海辺の村に、みよという娘の海女がいました。
 この伊勢の海には、『ともかづき』と呼ばれるお化けがいて、海女たちから恐れられていました。
 そこでみよが海女になったばかりの時、先輩の海女たちからこう教えられたのです。
「いいかい、みよちゃん。
 ともかづきは、あたしたちと同じ海女の姿で現れて、
『アワビを、あげよう』
と、言うけど、それを手で受け取ってはいけないよ。
 手で受け取ると、ともかづきに手首をつかまれて、海の底に引きずり込まれてしまうからね。
 どうしてもそのアワビが欲しい時は背中を向けて、背中にはりつけてもらうんだよ」
「はい」
 みよは先輩海女の教えを守って、ともかづきに会わない様に気をつけていました。

 ある年の秋の事、しけが続いて、もう七日も海に潜れません。
「困ったわ。このままでは、ご飯を買うお金がなくなってしまう」
 そこでみよは家族が止めるのも聞かずに、しけのおさまりきらない海へと小舟を出したのです。
 しかしいくら海に潜っても、アワビもサザエも見つかりません。
「駄目だわ。もっと別の場所に行かない」
 そこでいつもと違う場所へ潜っていくと、海草の間から、おばあさんの海女が大きなアワビをかかえて現れました。
 そしてみよに、こう言いました。
「おや、こんな日に潜るなんて、えらい娘さんだね。さあ、このアワビをあげるから、遠慮しないで持っておゆき」
(まあ、なんて親切な海女さんだろう)
 みよは喜んで、そのアワビを手で受け取りました。
 そのとたん、おばあさんはニヤリと笑って、みよの手首を力一杯つかみました。
「ああ、やっと身代わりが来た。これで成仏できるよ」
 そしておばあさんは、みよを海の底へと引っ張ったのです。
(あーっ、しまった! ともかづきだ!)
 みよは必死でもがきましたが、そのまま海の底へと沈んでしまいました。

 ともかづきは海で死んだ海女の幽霊で、自分の身代わりになる海女を作らないと、いつまでも成仏できないと言われています。
 そして今でもこの海では、死んでともかづきになったみよが、自分の身代わりになる海女が来るのを待っているそうです。

おしまい

イラストレーターの夢宮 愛さんが、その後のお話しを描いています。
お気軽に、お立ち寄りください。

→ その後の『ともかづき』

前のページへ戻る

福娘の姉妹サイト

http://hukumusume.com

366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
日本や世界の昔話を掲載
朗読やぬりえなど
女の子応援サイト さくら
誕生日占い・女の子のお仕事など
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診