アニメ紙芝居  アニメ 紙芝居 福娘童話集
 

福娘童話集 > 絵本紙芝居(アニメかみしばい) 小人とクツ屋

小人とクツ屋



小人とクツ屋
グリム童話 → グリム童話の詳細

イラスト版   えほん版

 むかしむかし、あるところに、まじめなクツ屋がいました。
 クツ屋は毎日まじめに働いているのに、だんだん貧乏(びんぼう)になってしまい、とうとう一足分のクツの皮しか残らなくなりました。
「ああ、これでクツを作るのも最後か」
 クツ屋はその最後の皮をクツの形に切って、その日は寝てしまいました。

 次の日の朝、目を覚ましたクツ屋はビックリです。
 何とクツが一足、ちゃんと出来上がっていたのです。
 そのクツはとても素晴らしい出来だったので、とても高い値段で売れました。
 クツ屋はそのお金で、二足分の皮を買いました。
 そしてその皮をクツの形に切ったところで、また寝てしまいました。
 すると次の日の朝にも、立派なクツが二足出来上がっていました。
 それからは毎日、同じ事が続きました。
 二足のクツが四足になり、四足が八足、八足が十六足、十六足が三十二足・・・と、どんどんクツが増えていったのです。
 おかげでクツ屋は、すっかりお金持ちになりました。

 ある日、クツ屋はおかみさんと一緒に、一晩中起きている事にしました。
 誰があの素晴らしいクツをつくっているのか、確かめようと思ったのです。
 夜中になると、どこからか裸の小人が二人現れました。
 二人の小人は小さな手で素早く皮をぬい、叩いて形を整えると、あっと言う間に素晴らしいクツを作り上げました。
 次の朝、おかみさんがクツ屋に言いました。
「ねえ。クツをつくってくれたお礼に、あの小人たちに服をぬってあげようと思うの。だって裸じゃ寒そうだもの。だからあなたは、小人にクツをつくってあげたら」
「そうだね。そうしよう」

 次の夜、クツ屋はクツの皮の代わりに、おかみさんがぬった小さなシャツとズボンとチョッキと、クツ屋がつくった小さなクツとクツ下を二人分置いておきました。
 すると小人たちは大喜びで服を着て、そこら中を飛びはねながら歌いました。
♪これで、ぼくらは可愛い小人。
♪もう、クツ屋じゃ、なくなった。
 そして外に出て行き、そのまま二度と現れませんでした。

 小人はいなくなりましたが、それからもクツ屋のクツは飛ぶ様に売れ続けて、クツ屋は幸せに暮らす事が出来たのです。

おしまい

前のページへ戻る

福娘の姉妹サイト

http://hukumusume.com

366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
日本や世界の昔話を掲載
朗読やぬりえなど
女の子応援サイト さくら
誕生日占い・女の子のお仕事など
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診