アニメ紙芝居  アニメ 紙芝居 福娘童話集
 

福娘童話集 > 絵本紙芝居(アニメかみしばい) 七夕物語(HD)

七夕物語(HD)
アニメサイズ Max 1440×1080 youtubeの設定で変更可能


朗読 「まちゃりんの読んだり〜の♪」

七夕物語
中国の昔話 → 中国の国情報

イラスト版  えほん版

 夜空に輝く天の川のそばに、天の神さまが住んでいます。
 天の神さまには一人の娘がいて、名前を、織姫(おりひめ)といいます。
 織姫ははたをおって、神さまたちの着物をつくる仕事をしていました。

 さて、織姫が年頃になったので、天の神さまは娘にお婿(むこ)さんを迎えてやろうと思いました。
 そして色々探して見つけたのが、天の川の岸で天のウシを飼っている、彦星(ひこぼし)という若者です。
 この彦星は、とてもよく働く立派な若者です。
 そして織姫も、とてもやさしくて美しい娘です。
 二人は相手を一目見ただけで、好きになりました。
 二人はすぐに結婚して、楽しい生活を送るようになりました。

 でも、仲が良すぎるのも困りもので、二人は仕事を忘れて遊んでばかりいるようになったのです。
「織姫さまがはたおりをしないので、みんなの着物が古くてボロボロです。はやく新しい着物をつくるように言ってください」
「彦星がウシの世話をしないので、ウシたちが病気になってしまいました」
 天の神さまに、みんなが文句を言いに来るようになりました。
 天の神さまは、すっかり怒ってしまい、
「二人は天の川の、東と西に別れて暮らすがよい!」
と、織姫と彦星を別れ別れにしたのです。

 でも、天の神さまは、織姫があまりにも悲しそうにしているのを見て、こう言いました。
「娘や。一年に一度だけ、七月七日の夜だけは、彦星と会ってもよろしい」
 それから織姫は、一年に一度会える日だけを楽しみにして、毎日一生懸命に機をおるのです。
 天の川の向こうの彦星も、その日を楽しみに天のウシを飼う仕事にせいを出しました。

 そして、待ちに待った七月七日の夜。
 織姫は天の川を渡って、彦星のところへ会いに行くのです。
 しかし雨が降ると天の川の水かさが増えるため、織姫は川を渡る事が出来ません。
 でも大丈夫、そんな時はどこからともなくカササギと言う鳥が飛んで来て、天の川に橋をかけてくれると言う事です。

 さあ、あなたも夜空を見上げて、二人の再会を祝福してあげてください。

おしまい

朗読と文章がやや異なる「Aタイプ」はこちら → 「七夕物語 Aタイプ」

前のページへ戻る

福娘の姉妹サイト

http://hukumusume.com

366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
日本や世界の昔話を掲載
朗読やぬりえなど
女の子応援サイト さくら
誕生日占い・女の子のお仕事など
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診