なみだがポロリ 日本の悲しい話 ☆福娘童話集☆ 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
福娘童話集 > ジャンル別 > 日本の悲しい話 > ゆうれいのそでかけ松
お話しの移動
・ 福娘童話集

・ ジャンル別

・ 日本の悲しい話 (全30話)

→  1話 〜 10話
→ 11話 〜 20話
→ 21話 〜 30話
- 広 告 -
 


日本の悲しい話 第1話

ゆうれいのそでかけ松

ゆうれいのそでかけ松

♪音声配信
スタヂオせんむ

 むかしむかし、漁師が川に船を出して、夜釣りをしていました。
 ところが、どうしたことか、きょうは一匹も釣れません。
「今夜は、あきらめて帰るとするか」
 漁師がそう思っていると、釣りざおがとつぜん、弓なりになりました。
 めったにない、大物の手ごたえです。
 よろこんで引き上げると、
「・・・へっ? ギャァァァーー!」
 釣り糸の先には、若い娘のなきがらがひっかかっていました。
「わわぁ、なむあみだぶつ、なむあみだぶつ」
 漁師は、なきがらを捨てるわけにもいかず、船に引き上げました。
「ああ、かわいそうに・・・」
 漁師は、娘のなきがらを近くのお寺にはこんで、和尚(おしょう)さんにとむらってもらいました。
 すると次のばんから、お寺の古い松の木の下に、あの若い娘のゆうれいがあらわれはじめました。
「手あつくほうむってやったのに、まだ、この世にうらみでもあるのだろうか?」
 和尚さんがふしぎにおもっていると、むすめのゆうれいがあらわれて、
「先日は、ありがとうございました。まよわず、あの世へいきたいのですが、心残りが・・・。ひとこと、おききくださいませんか」
 かすかな声で、いいました。
「なんなりと、はなしなさい」
「はい。じつは、好きな人のもとへ、お嫁(よめ)にいくことになっていたのですが、家がまずしいため、嫁入りの着物がつくれないでいました。そのため、せっかくの縁談(えんだん)が、こわれてしまったのです」
「それはさぞ、つらかったろう。よしよし、いまとなっては手おくれながら、わしが、嫁入りの着物を、そろえてやろう」
 和尚さんがいうと、むすめのゆうれいはなみだをふいて、フッと消えさりました。
 あくる日、和尚さんはやくそくの着物をかってきて、ふるいマツのえだにかけておきました。
 すると、夜中にむすめのゆうれいがあらわれて、着物をきがえていったのでしょう。
 嫁入りの着物は消えて、かわりに、娘がおぼれて死んだときの着物のそでが、えだにかけられていました。
 そのときから、このマツは「ゆうれいのそでかけマツ」と、よばれるようになったのです。

おしまい

 前のページへ戻る

ジャンルの選択
・有名な話 日本 世界
・こわい話 日本 世界
・わらい話 日本 世界
・感動話 日本 世界
・とんち話 日本 世界
・悲しい話 日本 世界
・ふしぎ話 日本 世界
・恩返し話 日本 世界
・恋物語 日本 世界
福娘童話集
人気コーナー
きょうの新作昔話
未公開の童話・昔話を毎日
一話ずつ公開
おはなし きかせてね
福娘童話集をプロの声優・ナレーターが朗読
小学生童話
幼稚園から小学6年生まで、学年別の童話・昔話集
おくすり童話
読むお薬で、病気を吹き飛ばそう!

福娘の姉妹サイト

http://hukumusume.com

366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診