みんながドキドキ 日本の恋物語 ☆福娘童話集☆ 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
福娘童話集 > ジャンル別 > 日本の恋物語 > ふたりゆうれい
お話しの移動
・ 福娘童話集

・ ジャンル別

・ 日本の恋物語 (全10話)

→  1話 〜 10話
- 広 告 -
 


日本の恋物語 第1話

ふたりゆうれい

ふたりゆうれい

 むかしむかし、あるところに、ゆうれいが出るとうわさされるお寺がありました。
 そのゆうれいは二人で、お互いに話し合うというのです。
「そんなばかな。ゆうれいが二人で、おしゃべりするなど。・・・よし、おれが、この目でたしかめてやる」
 うわさをきいて、きのつよいひとりの男が、おはかにしのんでいきました。
 やがて、草木もねむる、うし三つどき(午前二時ごろ)です。
 ヒソヒソッ、ヒソヒソヒソッ。
 どこからか、話しごえがきこえてきました。
 男がこえをたよりに、はか石のあいだをぬっていくと、小さなはか石のそばで、男のゆうれいと女のゆうれいが、手をとりあって、ことばをかわしています。
 男のゆうれいは、まだ三十まえですが、女のゆうれいは、六十すぎのおばあさんでした。
 話のようすからすると、ふたりは夫婦(ふうふ)のようです。
「やっぱり、うわさどおりだ。しかし、夫婦にしては、こんなに年がちがうのはおかしい」
 そこで気の強い男は、次の朝、お寺の和尚(おしょう→詳細)さんにわけをはなして、おはかにきてもらいました。
「ゆうれいは、このあたりにいたのだね。それはきっと、このはかから現れたのだろう」
 和尚さんは、小さなはか石のまえで足を止めました。
「ここには、四十年近く前に、若い奥さんを残して死んだ男がとむらってあった。残された奥さんは長生きをしたが、このあいだ、六十をすぎて死んだので、いっしょにとむらってやったんだ。だが、おまいりに来てくれる人もいないので、あの世へゆけんのじゃろうて」
 和尚さんの話に、二人のゆうれいの年の違うわけがわかりました。
「死んでから、ゆうれいになっても、なかむつまじくするなんて、うらやましい。・・・おれも、いい嫁さんをみつけなくちゃ」
 きのつよい男は、和尚さんにたのんで、ねんごろにおきょうをあげてもらいました。

おしまい

 前のページへ戻る

ジャンルの選択
・有名な話 日本 世界
・こわい話 日本 世界
・わらい話 日本 世界
・感動話 日本 世界
・とんち話 日本 世界
・悲しい話 日本 世界
・ふしぎ話 日本 世界
・恩返し話 日本 世界
・恋物語 日本 世界
福娘童話集
人気コーナー
きょうの新作昔話
未公開の童話・昔話を毎日
一話ずつ公開
おはなし きかせてね
福娘童話集をプロの声優・ナレーターが朗読
小学生童話
幼稚園から小学6年生まで、学年別の童話・昔話集
おくすり童話
読むお薬で、病気を吹き飛ばそう!

福娘の姉妹サイト

http://hukumusume.com

366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診