みんながワクワク 日本の不思議な昔話 ☆福娘童話集☆ 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
福娘童話集 > ジャンル別 > 日本のふしぎ話 > 若返りの水
お話しの移動
・ 福娘童話集

・ ジャンル別

・ 日本のふしぎ話 (全50話)

→  1話 〜 10話
→ 11話 〜 20話
→ 21話 〜 30話
→ 31話 〜 40話
→ 41話 〜 50話
- 広 告 -
 


日本のふしぎ話 第3話

若返りの水

若返りの水

♪音声配信
TIME 4分13 音声 スタヂオせんむ
TIME 4分09秒 ゲスト参加

 むかしむかし、山のふもとの小さな村に、おじいさんとおばあさんが住んでいました。
 おじいさんの仕事は、炭焼きです。
 山の木を切って、炭を焼いて俵(たわら)につめて、近くの町ヘ売りにいくのです。
 でもおじいさんは、このごろ年をとって、仕事がつらくなりました。
「ああ、腰は曲がるし、目はしょぼしょぼするし、いやになってしもうたなあ」
 その日も、おじいさんは炭俵をかついで、ヨタヨタと山をおりはじめました。
 とても暑い日だったので、のどがカラカラにかわきます。
 ふと見ると、道ばたにつき出た岩から、きれいな水がチョロチョロとふき出しています。
「こいつは、ありがたい」
 おじいさんは、その冷たい水を飲みました。
「ああ、うまかった。なんだか腰がシャンと、のびたようだぞ」
 おじいさんは、水のおかげで元気が出たのだと思い、深く考えもせずに山をおりて、家へ帰ってきました。
「ばあさんや、帰ったよ」
「おや、早かったですね。おじいさん・・・!」
 おばあさんはビックリ。
 目をパチパチさせて、おじいさんを見あげました。
 いいえ、おじいさんではなく、そこにいたのは、おばあさんがお嫁にきたころの、あのころの若いおじいさんでした。
「・・・わたしは、夢でも見ているんじゃあないでしょうかね」
 おじいさんも、おばあさんにいわれてはじめて、自分が若返っていることに気づきました。
「若返りの水というのがあると聞いていたが、それではあれが、その水だったんだな」
 おじいさんは、岩からふき出していた、きれいな冷たい水のことをおばあさんに話して聞かせました。
「まあ、そんなけっこうな水があるんなら、わたしもいっていただいてきましょ」
 おばあさんはそういって、つぎの日さっそく、山へ出かけていきました。
 おじいさんは、おばあさんがさぞかし若くきれいになって、帰ってくるだろうと楽しみにして待っていました。
 ところが昼になっても、夜になっても、おばあさんは帰ってきません。
 おじいさんは心配になって、村の人と山へさがしにいきました。
 でも、おばあさんはいません。
「どこへいってしまったんだろうなあ?」
「キツネに化かされて、山奥へ連れていかれてしまったのとちがうか?」
 みんなが話しあっていると、
「オギャー、オギャー」
と、そばの草むらの中から、あかんぼうの泣き声が聞こえてきました。
 おじいさんが近づいてみると、おばあさんの着物を着たあかちゃんが、顔をまっかにして泣きじゃくっていました。
「バカだなあ。ばあさんのやつ、飲みすぎて、あかんぼうになってしもうた」
 しかたがないので、おじいさんはあかちゃんを抱いて家へ帰りました。

おしまい

 前のページへ戻る

ジャンルの選択
・有名な話 日本 世界
・こわい話 日本 世界
・わらい話 日本 世界
・感動話 日本 世界
・とんち話 日本 世界
・悲しい話 日本 世界
・ふしぎ話 日本 世界
・恩返し話 日本 世界
・恋物語 日本 世界
福娘童話集
人気コーナー
きょうの新作昔話
未公開の童話・昔話を毎日
一話ずつ公開
おはなし きかせてね
福娘童話集をプロの声優・ナレーターが朗読
小学生童話
幼稚園から小学6年生まで、学年別の童話・昔話集
おくすり童話
読むお薬で、病気を吹き飛ばそう!

福娘の姉妹サイト

http://hukumusume.com

366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診