頭が良くなる 日本のとんち話 ☆福娘童話集☆ 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
福娘童話集 > ジャンル別 > 日本のとんち話 > 金の持ち主
お話しの移動
・ 福娘童話集

・ ジャンル別

・ 日本のとんち話 (全50話)

→  1話 〜 10話
→ 11話 〜 20話
→ 21話 〜 30話
→ 31話 〜 40話
→ 41話 〜 50話
- 広 告 -
 


日本のとんち話 第6話

金の持ち主

金の持ち主

♪音声配信
スタヂオせんむ

 ある日、庄屋(しょうや)さんが道を歩いていると、大きな袋が落ちていました。
 中を見ると、小銭がザクザクと入っています。
 ざっと見ただけでも、二千枚はありそうです。
「これは、えらい落とし物だ。落とし主は、泣いとるじゃろう」
と、庄屋さんは家に持って帰り、村に知らせの者をやりました。
 すると、さっそく現れたのが、吾助(ごすけ)と兵六(ひょうろく)です。
 二人とも
「おらのだ」
「いや、おらのだ」
と、言うのです。
 袋を隠して、二人の前に出た庄屋さんは、
「落としたお金のことを、くわしく話しておくれ」
と、言いました。
 するとまずは、吾助が、
「へえ、あのお金はおらが貧しい中から一文、二文と、つぼにコツコツ貯めた物だ。だども、おっかあが病気になったで、町へ医者さ呼びに行くのに、袋に入れて持って行く途中だったべ」
 これを聞いていた兵六が、
「うそをつけ! この盗っ人(ぬすっと→どろぼう)が。あれはおらがつぼに貯めた金だ。一生懸命に貯めたが、今日、つぼを見ると空っぽになってた。きっとこいつが盗んで袋に入れて行こうとしたにちがいねえ、庄屋さん、こいつはとんでもねえやつでごぜえます。第一、こんな貧乏人に金が貯められるわけねえ」
 二人の話を聞いた庄屋さんは、
「そうか。ところで吾助に兵六。なくしたお金は何枚ぐらいじゃった?」
「それが、数えた事がねえから・・・。だども、つぼの首まではあっただ」
「おらもはっきりとは。だども、きっちりつぼの首のところまで貯まっただ」
 二人とも、ちゃんとは答えられません。
 そこで庄屋さんは、
「わしが見たところ、千枚はあったが。そんじゃひとつ、お前さん方のつぼに入れてきっちり首まで入った方が本当の持ち主ということになるな。よし、二人とも、つぼを取りに帰っておいで」
 二人はさっそく家に帰り、めいめい、つぼをかかえて戻ってきました。
 ところが吾助のつぼは、何とも大きなつぼです。
「庄屋どん、吾助のやつは欲深じゃて。あんなにでっけえ、つぼさ持ってきて」
と、得意そうに差し出した兵六のつぼへ、庄屋さんはお金をザラザラッと入れますと、たちまちお金はあふれて、ザクザクと畳の上へ落ちました。
 青くなる兵六に庄屋さんは、
「兵六、金は首のところまで貯まっていたのでは、なかったかのう?」
 続いて吾助のつぼに入れかえると、ピッタリ首のところまで入りました。
「このお金は吾助の物じゃ。お金は本当は二干枚あったんじゃが、千枚と言うたら、うそをついておる者が千枚くらい入るつぼを探して持ってくるじゃろうと思うたんじゃ。こら兵六、悪い事はもう二度とするでないぞ。それから吾助、こんな大事な物、もう落とさんように気をつけるのじゃぞ」
 こうしてお金は無事に、持ち主の吾助のところにもどりました。

おしまい

 前のページへ戻る

ジャンルの選択
・有名な話 日本 世界
・こわい話 日本 世界
・わらい話 日本 世界
・感動話 日本 世界
・とんち話 日本 世界
・悲しい話 日本 世界
・ふしぎ話 日本 世界
・恩返し話 日本 世界
・恋物語 日本 世界
福娘童話集
人気コーナー
きょうの新作昔話
未公開の童話・昔話を毎日
一話ずつ公開
おはなし きかせてね
福娘童話集をプロの声優・ナレーターが朗読
小学生童話
幼稚園から小学6年生まで、学年別の童話・昔話集
おくすり童話
読むお薬で、病気を吹き飛ばそう!

福娘の姉妹サイト

http://hukumusume.com

366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診