みんながワクワク 日本の不思議な昔話 ☆福娘童話集☆ 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
福娘童話集 > ジャンル別 > 日本のふしぎ話 > もちのまと
お話しの移動
・ 福娘童話集

・ ジャンル別

・ 日本のふしぎ話 (全50話)

→  1話 〜 10話
→ 11話 〜 20話
→ 21話 〜 30話
→ 31話 〜 40話
→ 41話 〜 50話
- 広 告 -
 


日本のふしぎ話 第5話

もちのまと

もちのまと

 むかしむかし、田野(たの)というところの、いなかの人たちは、その年も、去年も、おととしも、お米がよく取れたので、みんなが大喜びでした。
 そこは、お米を作るのに、たいへんよい土地だったのでしょう。
 日でりといって、すこしも雨が降らないで、田に水がなくなったら、稲(いね)はうまく育ちません。
 反対に、長い雨が降りつづいても、稲は、うまくみのりません。
 お米づくりは、なかなかやっかいな仕事なのです。
 ところが、田野の人びとは、あんまりお米が取れるので、だんだんお米のありがたいことを忘れてしまうようになってきました。
「取れたお米で、お酒をつくって飲もう」
 ひとりがいうと、
「お米でもちをついて、腹いっぱい食べよう」
 ほかのひとりは、そんなふうにいいます。
 そのうちに、めいめいが、じぶんの家で食べたり、飲んだりしているだけではつまらなくなりました。
 そこで近所の人がおおぜい集まって、みんなでごちそうを食べたり、お酒を飲んだりするようになりました。
 お酒を飲むと、みんなは、ばかにうれしくなって、
「それっ、歌をうたえ」
「それ、おどりをおどれ」
 みんなはいい気になって、なん日もなん日も遊びくらしていました。
 ある日、若い男たちが何人か集まったときに、その中のひとりが、
「どうだ、ここにかがみもちがある。このもちをまとにして、だれがいちばん、じょうずに矢をまとにあてることができるか、そのうでくらべをしてみようではないか」
 そういって、大きな丸いもちを見せました。
「へえ、もちのまとか。これは、見たことも聞いたこともない話だ。おもしろい。さっそくやるとしよう」
 若い男たちは、ワイワイいいながら、かがみもちにひもをつけて、庭さきの木の枝につりさげました。
「さあ、だれからでもよい。やってみろ!」
 みんなが見ていると、ひとりの男が弓に矢をつがえ、もちのまとを目がけて、ヒュッ! とはなちました。
 すると、もちに矢が当たったとたんに、
「ああっ!」
 ふしぎなことに、もちはまっ白い鳥になって、南の空をめざし、遠く遠く飛んでいってしまいました。
 あとには、木の枝からつりさがったひもだけが、フワリフワリと、風にゆれているばかりです。
 これからあと、この田野というところは、すこしもお米が取れなくなって、びんぼうになってしまったということです。

おしまい

 前のページへ戻る

ジャンルの選択
・有名な話 日本 世界
・こわい話 日本 世界
・わらい話 日本 世界
・感動話 日本 世界
・とんち話 日本 世界
・悲しい話 日本 世界
・ふしぎ話 日本 世界
・恩返し話 日本 世界
・恋物語 日本 世界
福娘童話集
人気コーナー
きょうの新作昔話
未公開の童話・昔話を毎日
一話ずつ公開
おはなし きかせてね
福娘童話集をプロの声優・ナレーターが朗読
小学生童話
幼稚園から小学6年生まで、学年別の童話・昔話集
おくすり童話
読むお薬で、病気を吹き飛ばそう!

福娘の姉妹サイト

http://hukumusume.com

366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診