頭が良くなる 日本のとんち話 ☆福娘童話集☆ 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
福娘童話集 > ジャンル別 > 日本のとんち話 > ひろったさいふ
お話しの移動
・ 福娘童話集

・ ジャンル別

・ 日本のとんち話 (全50話)

→  1話 〜 10話
→ 11話 〜 20話
→ 21話 〜 30話
→ 31話 〜 40話
→ 41話 〜 50話
- 広 告 -
 


日本のとんち話 第9話

ひろったさいふ

ひろったさいふ

おりがみをつくろう ( おりがみくらぶ より)
財布の折り紙さいふ

♪音声配信
TIME 8分32秒 音声 スタヂオせんむ
TIME 8分43秒 朗読 田布施座

 むかし江戸の町に、左官屋(さかんや→壁をぬる職人)のでんすけという人がすんでいました。
 ある年の十二月、仕事の帰りに道でさいふをひろいました。
 中を調べると、一両小判が三枚入っていました。
「おやおや、もうじき正月がくるというのに三両(→約二十一万円)ものお金を落とすなんて、気の毒に。落とした人はさぞ、困っているだろうな」
 でんすけがさいふをよく調べてみると、名前と住所を書いた紙が入っていました。
「なになに、神田(かんだ)の大工の吉五郎(きちごろう)か。よし、ひとっぱしり、届けてやろう。いまごろきっと、青くなって、探しているだろうよ」
 親切なでんすけは、わざわざ神田までいって、ようやく吉五郎の家を探し出しました。
「こんにちは。吉五郎さん、いますか?」
「ああ、おれが吉五郎だが、何か用かね?」
「わたしは左官のでんすけというんだがね、お前さん、さいふを落とさなかったかね?」
「ああ、落としたよ」
「中に、いくら入っていたんだね?」
「そんなこと、なんでお前さんが聞くんだい?」
「なんでもいいから、答えてくれよ」
「三両だよ。お正月がくるんで、やっとかき集めた大事な金だったんだ」
 それを聞いて、でんすけは、
「そうかい。それじゃこれはたしかにお前さんの落としたさいふだ。ほら、受け取ってくれ」
と、さいふを差し出しました。
 ところが吉五郎は、さいふをチラッと見ただけで、プイと横を向いていいました。
「それは、おれのじゃないよ」
「えっ? だってお前さん、いま、大事な三両が入ったさいふを落としたって、いったじゃないか。それにお前さんの名前と住所を書いた紙も、入っていたんだ。このさいふは確かにお前さんの物だよ」
「そりゃあ、たしかにおれはさいふを落としたよ。だけど、落とした物は、もう、おれの物じゃない。ひろったお前さんの物だ。持って帰ってくれ」
「なんだって!」
 でんすけは、ムッとしました。
「なんて事をいうんだ。ひろった物をだまって自分の物にするくらいなら、わざわざ探しながらこんなところまで届けに来たりするもんか。素直に『ありがとうございます』と、いって受け取ればいいじゃないか」
「ちえっ、お前さんもごうじょうっぱりだなあ。おれはそのさいふはお前さんにくれてやるっていってるんだぜ。そっちこそ素直に『ありがとうございます』と、いって、さっさと持って帰りゃあいいじゃないか。第一、この十二月になって、三両もの金が手に入れば、お前さんだって、助かるだろうに」
「ばかやろう!」
 とうとうでんすけは、吉五郎をどなりつけました。
「おれはこじきじゃねえ。人の物をひろってふところへ入れるほど、おちぶれちゃいないんだ。ふざけるのもいいかげんにしろ。とにかく、これは置いていくぜ」
 でんすけがさいふを置いて帰ろうとすると、
「おい待て!」
 吉五郎はその手をつかんで、さいふを押しつけました。
「こんな物、ここに置いて帰られちゃ、迷惑くだよ。持って帰ってくれ」
「この野郎、まだ、そんな事をいってるのか」
 二人のがんこ者は、とうとう、とっくみあいのけんかを始めました。
 その騒ぎを聞いてやってきた近くの人たちが、いくらなだめても、二人とも聞きません。
 近所の人たちは困り果てて、とうとうお奉行(ぶぎょう)さまに訴えました。
 その時のお奉行さまは、名高い、大岡越前守(おおおかえちぜんのかみ)という人でした。
 越前守(えちぜんのかみ)は、二人の話を聞くと、
「大工、吉五郎。せっかくでんすけが届けてくれたのだ。素直に礼をいって、受け取ったらどうじゃ」
「とんでもありません、お奉行さま。落とした物は、なくしたのと同じでございます。ですから、もう、わたくしの物ではありません」
「では、左官でんすけ。吉五郎がいらないというのだ。この三両はひろったお前の物だ。受け取るがよいぞ」
「じょうだんじゃありません、お奉行さま。ひろった物をもらうくらいなら、何もこの忙しい年の暮れに、わざわざ神田まで届けに行ったりなどしやしません。落とした物は落とした人に返すのがあたりまえです」
 二人とも、がんこにいいはってききません。
 すると越前守は、
「そうか。お前たちがどちらもいらないというなら、持ち主がないものとして、この越前(えちぜん)がもらっておこう」
「へっ?」
「へっ?」
 お奉行さまに金をよこどりされて、二人はビックリしましたが、でも、いらないといったのですから、しかたがありません。
「はい。それでけっこうです」
「わたしも、それでけっこうです」
と、答えて、帰ろうとしました。
 そのとき、越前守は、
「吉五郎、でんすけ、しばらく待て」
と、二人を呼び止めました。
「お前たちの正直なのには、わしもすっかり感心した。その正直にたいして、越前から、ほうびをつかわそう」
 越前守はふところから一両の小判を取り出すと、さっきの三両の小判とあわせて四両にし、吉五郎とでんすけに二両ずつやりました。
ところが二人とも、なぜ二両ずつほうびをもらったのか、わけのわからないような、みょうな顔をしています。
 そこで越前守は、笑いながらいいました。
「大工の吉五郎は、三両を落として二両のほうびをもらったから、差し引き一両の損。左官のでんすけは、三両をひろったのに、落とし主に届けて、二両のほうびをもらったから、これもやはり、一両の損。この越前も一両を足したから、一両の損。これで三方、一両損というのはどうじゃ?」
「なるほど!」
 吉五郎とでんすけは顔を見合わせて、ニッコリしました。
「さすが名奉行(めいぶぎょう)の大岡さま。みごとなおさばき、おそれいりました」
「このお金は、ありがたくいただいてまいります」
「うむ。二人とも珍しいほどの正直者たちじゃ、これからのちは友だちとなって、仲よくつきあっていくがよいぞ」
「はい。ありがとうございます」
 吉五郎とでんすけは、ここに来たときとはまるで反対に、うまれたときからの仲良しのように、肩をならべて帰っていきました。
「うむ、これにて、一件落着!」

おしまい

 前のページへ戻る

ジャンルの選択
・有名な話 日本 世界
・こわい話 日本 世界
・わらい話 日本 世界
・感動話 日本 世界
・とんち話 日本 世界
・悲しい話 日本 世界
・ふしぎ話 日本 世界
・恩返し話 日本 世界
・恋物語 日本 世界
福娘童話集
人気コーナー
きょうの新作昔話
未公開の童話・昔話を毎日
一話ずつ公開
おはなし きかせてね
福娘童話集をプロの声優・ナレーターが朗読
小学生童話
幼稚園から小学6年生まで、学年別の童話・昔話集
おくすり童話
読むお薬で、病気を吹き飛ばそう!

福娘の姉妹サイト

http://hukumusume.com

366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診