なみだがポロリ 日本の悲しい話 ☆福娘童話集☆ 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
福娘童話集 > ジャンル別 > 日本の悲しい話 > 牛池
お話しの移動
・ 福娘童話集

・ ジャンル別

・ 日本の悲しい話 (全30話)

→  1話 〜 10話
→ 11話 〜 20話
→ 21話 〜 30話
- 広 告 -
 


日本の悲しい話 第5話

牛池

牛池

 むかしむかし、とある山の中に、美しい水をたたえた、深い池がありました。
 その池から、さほど遠くないところに、小さな山里がありました。
 その山里のある家に、よくの深いおばあさんと、気立てのやさしい娘とが住んでおりました。
 その家のまどから娘が顔をのぞかせると、外はふりつづく白い雪です。
「烏やウシに生まれたほうが、どれほどよかったかしれねえな・・・」
 娘は、まどの外をながめながら、そう思うのでした。
「こらっ、また機(はた)をはなれとるな。このなまけもんが!」
 おばあさんがおそろしい声をはり上げます。
 娘は、くる日もくる日も、機をおらされているのでした。
 娘のおる反物(たんもの)は、たいそう高く売れました。
 ですから、よくの深いおばあさんは、娘を一日として休ませなかったのです。
「よその娘は、一冬に四反もおりあげるちゅうのに、このグズ娘がっ!」
 おばあさんが部屋を出ていくと、娘はそっと、なみだを流しました。
「おらに、四反もおれるわけねえ。でも、少しでもおらないと、おまんまがたべられねえ」
 娘はさむさにふるえながら、機おりをはじめました。
♪おら機おる だれが着る
♪べべ着て おしろいぬって
♪うれしかろ うれしかろ
♪どこのだれやら 顔見てえな
 悲しく歌いながら機をおる娘のとなりの部屋では、おばあさんが、反物を売って何を買おうかと考えていました。
♪一度 機屋たずねてこ たずねてこ
♪ひやめし食わしょ たこ食わしょ
♪手のたこ食わしょ みそつけて
 こうしているうちにも、春がきました。
 家から出してもらえない娘も、春はやはりうれしいものです。
 ある日のこと。
 まどべに一わの白い小鳥がまいこんできました。
 まどにとまる小烏に、娘は思わず見とれて、機をおる手足の調子をみだし、機のたて糸をバッサリ切ってしまいました。
 切れた糸を見たおばあさんは、くるったようにさけびました。
「なおせ! なおせ! なおらんうちは、めしを食わさんからな!」
 おばあさんがねてしまった夜中、娘はフラフラと外へさまよい出ました。
 なにもかもねしずまって、物音ひとつしない春の夜。
「こんなに、こんなに、外はきれいなのに。おらは、いつも家の中。・・・どこかへ行きたい」
 娘はせつなくなって、そのままなきくずれてしまいました。
 ふと、なにかがそばにきた気配に、娘が顔をあげると、目の前にウシがいます。
 おばあさんのかっているウシが、娘のなみだにぬれた目をジッとみつめました。
 ウシは、娘をせなかにのせ、月の光の中を、ゆっくりゆっくりと歩きだし、そのままどこかへ行ってしまいました。
 それから、長い長い年月がながれ、いつのまにか、山の池には牛池という名がついていました。
 そしてふしぎなことに、月の明るいばんには、牛池のあたりから、トンカラリ、トンカラリと、機をおる音が聞こえてくるということです。

おしまい

 前のページへ戻る

ジャンルの選択
・有名な話 日本 世界
・こわい話 日本 世界
・わらい話 日本 世界
・感動話 日本 世界
・とんち話 日本 世界
・悲しい話 日本 世界
・ふしぎ話 日本 世界
・恩返し話 日本 世界
・恋物語 日本 世界
福娘童話集
人気コーナー
きょうの新作昔話
未公開の童話・昔話を毎日
一話ずつ公開
おはなし きかせてね
福娘童話集をプロの声優・ナレーターが朗読
小学生童話
幼稚園から小学6年生まで、学年別の童話・昔話集
おくすり童話
読むお薬で、病気を吹き飛ばそう!

福娘の姉妹サイト

http://hukumusume.com

366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診