ゲラゲラわらう 日本のわらい話 ☆福娘童話集☆ 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
福娘童話集 > ジャンル別 > 日本のわらい話 > おかみすり
お話しの移動
・ 福娘童話集

・ ジャンル別

・ 日本のわらい話 (全50話)

→  1話 〜 10話
→ 11話 〜 20話
→ 21話 〜 30話
→ 31話 〜 40話
→ 41話 〜 50話
- 広 告 -
 


日本のわらい話 第12話

おかみすり

おかみすり

 むかしむかし、ある山寺に、すなおで正直な小僧さんが、和尚(おしょう→詳細)さんと二人ですんでおりました。
 ある日のこと、小僧さんがそうじをしていると、和尚さんが帰ってきました。
「和尚さま、お帰りなさい」
「おほん! そうじはすみからすみまでていねいに、時間をかけてな、わかっとるやろな」
 などといいながら、和尚さんはすまして自分のへやへむかいます。
 そのとき、さいふを落としたのに気がつきません。
 和尚さんは、まわりをキョロキョロ見まわしてからへやへ入り、そうっとしょうじをしめた。
 ところでこの和尚さん、川魚のアユが大こうぶつです。
 そのころのお坊さんは、魚を食べてはいけないことになっていました。
 だから和尚さんは、いつもこっそりかくれて、アユを食べていたのです。
 きょうもまた、こっそりアユを食べようと、ふところからつつみを取り出して、
「まったく、アユちゅう魚は、すがたといい、かおりといい、味といい、天下一品や」
と、和尚さんはニンマリ。
 そのとき、しょうじが開いて小僧さんが顔を出しました。
「和尚さま、さいふを・・・。あれっ? 和尚さまは魚を食べてはるんですか?」
「いやその、こ、これは魚じゃないぞ」
「では、なんなんですか?」
「おほん、これはな、おかみすりというもんや」
「おかみすりって、あの頭をそるときのでござりますか?」
「そうや、わしはこのおかみすりが大すきでのうっ」
と、いいながら、和尚さんはアユをおいしそうに食べました。
 さて、つぎの日。
 小憎さんは、遠いところまで法事(ほうじ)に出かける和尚さんのおともをすることになりました。
「そうや! いただいたかさを持っていって、だいじにしているところを見せんとな」
と、雨もふっていないのに、小僧さんにかさを持たせました。
「ではいくぞ、おとなしくついてくるんだぞ」
「へえ〜い」
 和尚さんの乗ったウマが、パッカパッカといくあとを、小僧さんはかさをかかえてついていきます。
「小僧や、川やぞ!」
 大きな川を、ウマに乗った和尚さんは、ザッパ、ザッパとわたります。
 小僧さんも、いっしょうけんめい追いかけました。
と、たくさんのアユが、川のあちこちにいるではありませんか。
 小僧さんは、前をいく和尚さんに大声でいいました。
「和尚さま、いつも食べておられるおかみすりちゅうもんが、ほれ、たくさん泳いどります。和尚さまこうぶつのおかみすりが」
 そばを通りかかった旅人が、おかしそうに顔を見あわせました。
 和尚さんは、あわてていいました。
「ばかもの。なにをねぼけておる。急ぐんや」
「ええ〜っ?」
 和尚さんは、あとをついてくる小僧さんに、こういいました。
「ええな、なにごとも聞いたら聞きながし、見たら見すごして、なにがおきてもだまってついてくるんや」
「へえ」
 小僧さんは首をかしげるばかりです。
 パカパカ、パカパカ。
 ウマに乗った和尚さんのあとから、小僧さんはだまってついていきました。
 すると、また川がありました。
「小僧や、また川やぞ。ものをおとすでないぞ」
と、いう和尚さんが、川のとちゅうで、タバコ入れを落としました。
「あっ、タバコ・・・」
 あわてて口をおさえた小僧さんは、流れるタバコ入れを見送りました。
(そうや、なにがおきてもだまってついてこい、そういわはった)
 そうしてまた、しばらくすると、ウマからおりた和尚さんがいいました。
「ここらで、いっぷくしよか」
 道ばたの石にこしかけた和尚さんが、タバコ入れをさがします。
「はて? タバコ入れがないぞ。おまえ、落ちたのに気づかなんだか?」
 小憎さんは、口をモゴモゴさせて、あわてて手でおさえました。
「なんや、ハッキリいうてみい」
「へえ、二つめの川で、ウマがちょいとこけたとき、ポチャンと落ちてプカプカ流れていきました」
「なんでひろわないのや!」
「ひろおうと思うたけど、なにがおきてもだまってついてこいて、えらいおこられましたやろ。ほんで」
 和尚さんはあきれかえって、小憎さんをどなりつけました。
「ばかもん! これからは、ウマから落ちたもんがあったら、なんでもひろうんや、ええな!」
「へ〜い」
 いまさらどうしようもないので、二人は一休みすると出発しました。
 パカッパカッ。
 法事のある家までは、まだまだ長い道のりです。
 そのうち、和尚さんが乗ったウマが、おしりから、ポタポタ、ポタポタと、なにやら落としはじめました。
 小僧さんは、(ウマから落ちたもんがあったら、なんでもひろうんや)といった和尚さんのことばを思いだし、
「けど、どうしてひろうたらええやろ。・・・そうや!」
 小僧さんは、ウマのすぐ後ろまで走っていって、持っていたかさをひろげると、
「よいしょっと」
 落ちるフンを、かさでうけとめました。
「ほい、やっ。こらよっ。和尚さま、ウマから落ちたもんがいっぱいで、もう持てません」
「なんやて?」
 ふりむいた和尚さんは、もうビックリ。
「ばかもん! 大切なかさで、そんなもんを! ぜ〜んぶ川にすててくるんや!」
「でも、ウマから落ちたものは、なんでもひろえと、和尚さまがいわはった」
「ばか正直にもほどがある。はよう! きれいさっぱり流してこい」
「へ〜い!」
 小僧さんは、あわてて川のほうへ走っていき、川でかさをあらいながら首をかしげていました。
「和尚さまのいわはるとおりしとるのに、なんでしかられるんやろ」
 そのとき、きれいに洗ったかさの中に、川を泳いでいたアユが入ってきました。
 川岸で見ていた和尚さんは、そのアユがほしくてたまりません。
「ほほう、みごとなアユじゃ。小僧のやつ、あのまま持ってくればよいが」
 和尚さんがそう思っているのも知らず、小僧さんは、
「きれいなおかみすりやあ。けど、和尚さまはぜんぶ川にすててこいといわはった。そうや、かさもぜんぶすてなくちゃいかんのや」
と、かさをポーンと投げすててしまいました。
 かさは川のまん中に落ちて流れていきます。
「和尚さま、おいいつけどおり、ぜんぶ流しておきましたあ」
「ああ、わしのこうぶつのアユばかりか、大切なかさまでも。とほほほ」
 かさはドンドンながれていって、ついに見えなくなりました。

おしまい

 前のページへ戻る

ジャンルの選択
・有名な話 日本 世界
・こわい話 日本 世界
・わらい話 日本 世界
・感動話 日本 世界
・とんち話 日本 世界
・悲しい話 日本 世界
・ふしぎ話 日本 世界
・恩返し話 日本 世界
・恋物語 日本 世界
福娘童話集
人気コーナー
きょうの新作昔話
未公開の童話・昔話を毎日
一話ずつ公開
おはなし きかせてね
福娘童話集をプロの声優・ナレーターが朗読
小学生童話
幼稚園から小学6年生まで、学年別の童話・昔話集
おくすり童話
読むお薬で、病気を吹き飛ばそう!

福娘の姉妹サイト

http://hukumusume.com

366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診