みんながドキドキ 日本の恋物語 ☆福娘童話集☆ 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
福娘童話集 > ジャンル別 > 日本の恋物語 > イヌ飼い七夕
お話しの移動
・ 福娘童話集

・ ジャンル別

・ 日本の恋物語 (全10話)

→  1話 〜 10話
- 広 告 -
 


日本の恋物語 第5話

イヌ飼い七夕

イヌ飼い七夕

♪音声配信
スタヂオせんむ

 むかしむかし、一人の犬飼いがいました。
 お気に入りの犬を連れて池のそばを通ると、犬が急にほえるのです。
「いったいどうした? ・・・あっ!」
 ふと見ると、美しい娘が水浴びをしているではありませんか。
「あれは、うわさに聞いた天女(てんにょ)だな。天女なら、きっとどこかに羽衣(はごろも)を脱いでいるぞ」
 犬飼いは、犬にいいました。
「そこら中をかぎまわって、羽衣を探し出せ」
 しばらくして天女が池からあがってきましたが、羽衣が見つかりません。
 犬飼いが、隠したのです。
 羽衣がなければ、天へ戻れません。
 天女は、困ってしまいました。
「・・・どうしたら、いいのだろう」
 そこへ、犬飼いが現れてきて、
「お困りのようだな。よければ、わしの家に来ないか?」
 仕方ありません。
 天女は犬飼いの家にいきました。
 そして、犬飼いの嫁になったのです。
 二人は仲よく暮らして、あっというまに数年がたちました。
 ところがある日、嫁になった天女が、隠してあった羽衣を見つけてしまったのです。
「あんまり、ひどい!」
 天女は羽衣をつけると、空高く舞いあがっていきました。
 それに気づいた犬飼いは、
「待っておくれ。いかないでおくれ!」
と、声をはりあげましたが、天女は空の向こうへ消えて二度と戻ってきませんでした。
 それから毎日毎日、犬飼いは嫁の天女の事を思い、仕事にも手がつきません。
「どうすれば、嫁を連れ戻せるだろうか」
 犬飼いは、うらない師のおばあさんのところへ出かけていきました。
 すると、うらない師は、
「連れ戻すことは出来ないよ。だが、お前の方から訪ねていけばいい」
 うらない師は天女のところヘいくには、一晩に百足のわらじを作ればいいといいました。
「それを土に埋めて、その上に、へちまの種をまくがいい」
 犬飼いはその晩、てつ夜でわらじを作りました。
 でも夜が明けたときには、九十九足しか出来上がっていません。
「一足たりないけれど、百足とは、あまり変わるまい」
 そしてうらない師の言葉通り、へちまの種をまくとどうでしょう。
 へちまのつるはドンドンドンドンのびて、今にも天に届きそうになりました。
「よし、お前もついてこい」
 犬飼いは犬とともに、へちまのつるをのぼっていきました。
 だけど天女の嫁がいる天が、もう少しだというところで、へちまのつるはのびるのをやめたのです。
「なんということだ。わらじが一足たりないばかりに!」
 犬飼いがくやしがっていると、後からついてきた犬が犬飼いの頭を越えて、ピョンと天にとびあがったのです。
 そして、
「それ、だんなさま」
と、犬はしっぽをたらしてくれました。
「ありがたい」
 犬飼いは犬のしっぽをつかむと、天に飛び上がりました。
 そして天に飛び上がった犬飼いは彦星(ひこぼし)に、嫁の天女は織り姫(おりひめ)になったということです。

おしまい

たなばたのおりがみをつくろう おりがみくらぶより
おりがみくらぶ 福娘童話集りんく

 前のページへ戻る

ジャンルの選択
・有名な話 日本 世界
・こわい話 日本 世界
・わらい話 日本 世界
・感動話 日本 世界
・とんち話 日本 世界
・悲しい話 日本 世界
・ふしぎ話 日本 世界
・恩返し話 日本 世界
・恋物語 日本 世界
福娘童話集
人気コーナー
きょうの新作昔話
未公開の童話・昔話を毎日
一話ずつ公開
おはなし きかせてね
福娘童話集をプロの声優・ナレーターが朗読
小学生童話
幼稚園から小学6年生まで、学年別の童話・昔話集
おくすり童話
読むお薬で、病気を吹き飛ばそう!

福娘の姉妹サイト

http://hukumusume.com

366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診