みんながドキドキ 日本の恋物語 ☆福娘童話集☆ 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
福娘童話集 > ジャンル別 > 日本の恋物語 > なぞなぞ絵てがみ
お話しの移動
・ 福娘童話集

・ ジャンル別

・ 日本の恋物語 (全10話)

→  1話 〜 10話
- 広 告 -
 


日本の恋物語 第6話

なぞなぞ絵てがみ

なぞなぞ絵てがみ

 むかしむかし、ある町の店に、村から嫁いできたお嫁さんがいました。
 お嫁さんはよく働き、気だてもよくて、申し分ないのですが、あいにく文字の読み書きが出来ません。
 ある日の事、このお嫁さんが、久しぶりに村のお母さんの所へ里帰りする事になりました。
 お嫁さんに、お土産を持たせた夫は、
「おっかさんに、この手紙を持って行きなさい」
と、筆と紙を取りました。
「あの、うちのおっかさんも、読み書きが出来ません。すみませんが、字の手紙でなく、絵手紙にしてください」
「わかった。じゃあ、絵手紙にしよう」
 夫は紙に、『一升ます』と、『草かりがま』と、『女の人の着物に噛みつきそうなイヌ』を、サラサラッと絵にして、お嫁さんに渡しました。

 さて、それから数日後。
「おっかさん、ただいま」
「まあまあ、よく帰って来てくれたね。さあ、ゆっくりしていっておくれ。で、どうだい? 町での暮らしは」
「はい。夫はやさしくしてくれるし、お店は繁盛しているし、毎日がとても楽しくてね。それでつい、帰るのが遅くなって・・・」
 お嫁さんは、つもる話をしてから、
「あっ、そうそう。夫から、絵手紙を預かってきましたよ」
と、お母さんに、絵手紙を差し出しました。
 それを受け取ったお母さんは、絵手紙を見て首を傾げます。
「はて、『一升ます』と、『草かりがま』と、『女の人の着物に噛みつきそうなイヌ』。何の事やら、読み取れませんよ」
 そこで、お母さんとお嫁さんは、隣に住む物知りのおじいさんに、この絵手紙を読み解いて欲しいと頼みました。
 すると、
「ふむ、ふむふむ。気の毒じゃが、これは、離縁(りえん)状じゃよ」
と、言うのです。
「まさか、そんな事は・・・。でも・・・、そんなあ・・・」
 お嫁さんは悲しくなり、シクシクと泣き出しました。
「何かの間違いです。ちゃんと、読み解いて下さい」
 お母さんが言うと、おじいさんは絵手紙をお母さんに見せて言いました。
「いいかい。『一升ます』は、一生の事。『草かりがま』と『イヌ』で、かまワン、となる。つまりだ、『おまえの事は、一生構わんから、帰ってこなくていい』と、言う事じゃ。ほんに、気の毒になあ」
「うわーん!」
 お嫁さんは、あまりの事に泣き崩れてしまい、それから毎日泣き暮らしていました。

 そんなある日の事、夫が町から尋ねてきました。
「いつまでも、帰ってこないから、病気にでもなったのかと、心配でやって来た。一体、何を泣いているのだ?」
「だっ、だって、絵手紙で『一生かまわん』と、あたしを離縁したではありませんか」
「ああ? 何を言うのだ! イヌの絵を、よく見たのか? イヌが、女の着物のすそを噛もうとしておったろうが。これはつまり、『お前の事は、一生かまう(大事にする)』との意味で、決して離縁状などではない」
 これを聞いて、お嫁さんは、
「まあ、うれしい!」
と、夫に抱きつくと、仲良く手に手をとって、町へ戻って行きました。
 お幸せに。

おしまい

 前のページへ戻る

ジャンルの選択
・有名な話 日本 世界
・こわい話 日本 世界
・わらい話 日本 世界
・感動話 日本 世界
・とんち話 日本 世界
・悲しい話 日本 世界
・ふしぎ話 日本 世界
・恩返し話 日本 世界
・恋物語 日本 世界
福娘童話集
人気コーナー
きょうの新作昔話
未公開の童話・昔話を毎日
一話ずつ公開
おはなし きかせてね
福娘童話集をプロの声優・ナレーターが朗読
小学生童話
幼稚園から小学6年生まで、学年別の童話・昔話集
おくすり童話
読むお薬で、病気を吹き飛ばそう!

福娘の姉妹サイト

http://hukumusume.com

366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診