なみだがポロリ 日本の悲しい話 ☆福娘童話集☆ 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
福娘童話集 > ジャンル別 > 日本の悲しい話 > 鬼のうで
お話しの移動
・ 福娘童話集

・ ジャンル別

・ 日本の悲しい話 (全30話)

→  1話 〜 10話
→ 11話 〜 20話
→ 21話 〜 30話
- 広 告 -
 


日本の悲しい話 第9話

鬼のうで

鬼のうで
東京都の民話

 明治になってまもないころ、浅草(あさくさ)に、田宮義和(たみやよしかず)という男がすんでいました。
この男はもともと(さむらい)だったそうで、どこで手に入れたのか、『のうで』という、不思議な物を持っていました。
そのうでは田宮の言う事を何でもきき、家のそうじやせんたく、台所の仕事から身のまわりの世話まで、田宮は全て、この鬼のうでにやらせていたのです。
銭湯へいくときなどは、このうでをつれていって背中を流させたり、手足をあらわせたりしながら、ほかの入浴客とのんきに話しをしていたそうです。
町の人が田宮の家へいくと、田宮は鬼のうでに、肩やこしをもませているのです。
「このうでは女房みたいなものだ。いや、人間の女房以上によく働くぞ。それにめしも食わせんでよいし、着物をねだられる心配もない」
ところが、冬のある日の事。
富山(とやま)の薬売りが、毎年薬を買ってくれる田宮の家へやってきました。
「こんにちは、いつもの薬売りです」
薬売りがいくらよんでも、返事がありません。
そこで薬売りは家へあがって、部屋の障子(しょうじ)をそうっと開けてみたところ、
「ギャーーッ!」
薬売りはビックリ。
なんと部屋の中では田宮が目をむいて、あおむけに倒れていたのです。
そして田宮ののどのところに、鬼のうでが立っていました。
知らせを聞いた役人が、田宮を調べていいました。
「うむ。田宮は鬼のうでに、首をしめられて殺されたものにちがいない」
役人たちは鬼のうでを首からはなそうとしましたが、指がしっかり首に食いこんでいて、どうしてもはなす事が出来ません。
「しかたがない。そのままつれていけ」
田宮は首にうでをくっつけたままで、土葬(どそう→死体を火葬せずに、土に埋めること)されました。
埋葬(まいそう)がすっかりおわったあと、役人の一人が線香(せんこう)をあげながら言いました。
「どうも、このうでは女の鬼のものらしい」
すると、べつの役人が不思議そうにたずねました。
「どうして、そんな事がわかるのですか?」
「うむ、あの手は鬼のうでにしては、細くてやさしい指をしておった。だが、ずいぶんと田宮にこきつかわれたとみえて、ひどい赤ぎれじゃ。かわいそうな事よ」
役人は線香をもう一本とると、今度は鬼のうでのために手をあわせました。

おしまい

 前のページへ戻る

ジャンルの選択
・有名な話 日本 世界
・こわい話 日本 世界
・わらい話 日本 世界
・感動話 日本 世界
・とんち話 日本 世界
・悲しい話 日本 世界
・ふしぎ話 日本 世界
・恩返し話 日本 世界
・恋物語 日本 世界
福娘童話集
人気コーナー
きょうの新作昔話
未公開の童話・昔話を毎日
一話ずつ公開
おはなし きかせてね
福娘童話集をプロの声優・ナレーターが朗読
小学生童話
幼稚園から小学6年生まで、学年別の童話・昔話集
おくすり童話
読むお薬で、病気を吹き飛ばそう!

福娘の姉妹サイト

http://hukumusume.com

366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診