ゲラゲラわらう 日本のわらい話 ☆福娘童話集☆ 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
福娘童話集 > ジャンル別 > 日本のわらい話 > 冗談のお願い
お話しの移動
・ 福娘童話集

・ ジャンル別

・ 日本のわらい話 (全50話)

→  1話 〜 10話
→ 11話 〜 20話
→ 21話 〜 30話
→ 31話 〜 40話
→ 41話 〜 50話
- 広 告 -
 


日本のわらい話 第36話

冗談のお願い

冗談のお願い
兵庫県の民話

 むかしむかし、あるところに、仏さまをいっしょうけんめいおがんでいるおばあさんがいました。
 おばあさんは、毎日のようにお寺にお参りして、
「ナムアミダブツ、ナムアミダブツ・・・」
と、おがんでいました。
 おばあさんは、もうすっかり年をとっていて、早く極楽(ごくらく→天国)からお迎えがこないか、そればかり考えていました。
「ナムアミダブツ、ナムアミダブツ、もう生きていてもしかたありません。仏さま、どうぞ一日も早く、わたしをお迎えにきてください」
 それを聞いていた、お寺の小僧(こぞう)さんは、
(あんなこと言ってるけど、本当に早く死にたいのかどうか。一つためしてやろう)
と、思いました。
 そこである日、仏壇(ぶつだん)のうしろにかくれて、おばあさんの来るのを待っていました。
 やがておばあさんがやってきて、いつものようにおがみます。
「ナムアミダブツ、ナムアミダブツ、早くわたしを楽にしてください」
 そのとたん、小僧さんが言いました。
「よしよし、そんなに言うのなら、明日、いよいよ迎えにきてやろう。極楽へいってゆっくりするがよい」
 さあ、それを聞いたおばあさんはビックリです。
「いえいえ、まだ、わたしは生きていとうございます。お迎えにくるのは、うーんとうーんと先にしてください」
 おばあさんはたたみにおでこをこすりつけると、何度も何度も頭をさげました。
「まだ死にたくないのなら、なぜそんな事を頼むのじゃ?」
「いえ、その、あれは、ほんの冗談(じょうだん)です。さっきのお願いはとりけしますから、どうぞ長生きさせてください」
 小僧さんはおかしくて、笑いたくなるのをジッとがまんしていました。
 さて、しばらく不思議そうに仏さまを見ていたおばあさんは、
「この仏さまは、なんてよくわかる仏さんだろう。これじゃ、うかうか、お参りもできないねえ」
と、言いながら、帰っていったという事です。

おしまい

 前のページへ戻る

ジャンルの選択
・有名な話 日本 世界
・こわい話 日本 世界
・わらい話 日本 世界
・感動話 日本 世界
・とんち話 日本 世界
・悲しい話 日本 世界
・ふしぎ話 日本 世界
・恩返し話 日本 世界
・恋物語 日本 世界
福娘童話集
人気コーナー
きょうの新作昔話
未公開の童話・昔話を毎日
一話ずつ公開
おはなし きかせてね
福娘童話集をプロの声優・ナレーターが朗読
小学生童話
幼稚園から小学6年生まで、学年別の童話・昔話集
おくすり童話
読むお薬で、病気を吹き飛ばそう!

福娘の姉妹サイト

http://hukumusume.com

366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診