なみだがポロリ 日本の悲しい話 ☆福娘童話集☆ 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
福娘童話集 > ジャンル別 > 日本の悲しい話 > お銀と小金物語
お話しの移動
・ 福娘童話集

・ ジャンル別

・ 日本の悲しい話 (全30話)

→  1話 〜 10話
→ 11話 〜 20話
→ 21話 〜 30話
- 広 告 -
 


日本の悲しい話 第2話

お銀と小金物語

お銀と小金物語
石川県の民話

 むかしむかし、金沢(かなざわ)に、お銀(おぎん)と小金(こきん)という仲のよい姉妹がいました。
 でも、その姉妹は腹ちがいで、それぞれ産んでくれたお母さんがちがいます。
 お銀の母親はお銀が小さい頃に死んでしまい、小金の母親はお銀の父親と結婚してから、小金を生んだのです。
 だから母親は、お銀には冷たくあたります。
 お銀が不幸になっても、小金が幸せならいいと思っていました。
 ある日の事、お銀の父親が仕事で江戸(えど→東京都)にいくことになりました。
 母親はいいチャンスだと思い、お銀を山へつれていって殺してやろうと思ったのです。
 そうとは知らない、お銀も小金も、
「わあ、きれいなお花だこと」
と、いいながら、どんどんどんどん山奥へ入って行きました。
 母親はお銀に気づかれないように、小金だけをつれて家へ帰ってしまいました。
 お銀がふと気がつくと、小金も母親もみあたりません。
 お銀は涙声で、
「かあさま! 小金ちゃん!」
と、よびながら帰り道をさがしました。
 家では小金が、お銀のことを心配しています。
「お銀ちゃん、無事で帰ってきてね」
と、いのるような気持で待っていました。
 その日の夜遅く、泥だらけのお銀が帰ってきました。
 小金は、とびつかんばかりに喜び、
「よかったわ、よかったわ」
と、いいながら心の中で、
(ごめんね。こんなかあさまを許してやってね)
と、あやまるのでした。
 ところが、母親はくやしそうな顔で、
「おやまあ、ずいぶんと遅かったねえ」
と、いっただけで、また次の方法を考えていました。
 数日後のある日、母親はまたお銀を殺そうと、下男(げなん)に犀川(さいがわ)の岸辺に大きな穴をほらせました。
 そして、いやがるお銀をひっぱっていって、いきなり穴の中に突き落したのです。
「今度こそ、お前も終わりだよ!」
 母親はそう言うと、さっさと帰ってしまいました。
 この様子を見ていた小金は、その穴に近づいて、
「お銀ちゃん!」
と、よびました。
 すると、
「小金ちゃん助けて! 水が入ってくるの。どんどん深くなってくるの」
と、お銀の声がします。
 でも、子どもの小金にはどうすることもできません。
 しばらくして、お銀の声はまったく聞こえなくなってしまいました。
「お銀ちゃん! お銀ちゃん! かあさまを許してあげてね。わたしもお銀ちゃんのそばへいくから」
と、いうと、深い穴の中に小金も身を沈めてしまいました。
 今でも法年寺(ほうねんじ)には、二人のお墓があるという事です。

おしまい

 前のページへ戻る

ジャンルの選択
・有名な話 日本 世界
・こわい話 日本 世界
・わらい話 日本 世界
・感動話 日本 世界
・とんち話 日本 世界
・悲しい話 日本 世界
・ふしぎ話 日本 世界
・恩返し話 日本 世界
・恋物語 日本 世界
福娘童話集
人気コーナー
きょうの新作昔話
未公開の童話・昔話を毎日
一話ずつ公開
おはなし きかせてね
福娘童話集をプロの声優・ナレーターが朗読
小学生童話
幼稚園から小学6年生まで、学年別の童話・昔話集
おくすり童話
読むお薬で、病気を吹き飛ばそう!

福娘の姉妹サイト

http://hukumusume.com

366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診